顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【コストダウンか?価格転嫁か?消費税倒産の乗りきるためのパッケージマーケティング 】
2012年08月8日

【コストダウンか?価格転嫁か?消費税倒産の乗りきるためのパッケージマーケティング 】

【コストダウンか?価格転嫁か?消費税倒産の乗りきるためのパッケージマーケティング 】


おはようございます。松浦 陽司です。
昨夜は珍しく起きてサッカーの応援してました。

日本男子、残念でしたね。
3位決定戦では必ず勝利だ!

 

さてさて、消費税が、
2014年に8%、
2015年に10%になりそうですね。

1997年に消費税が3%から5%に上がった時、
景気が一気に落ち込みました。

もちろん、消費税アップの駆け込み需要はあるものの、
売上が30%や、50%下がることは大いに考えられます。

そのことから考えると、中小企業は「今から」手を打っておかないといけません。

 

ところが、スーパーや量販に卸して場合、
「うちは店売り価格98円でないとダメだよ!」
「売価298円でないと仕入れないよ!」
こんな「マジックプライス」を意識した要望にも対応していかないといけません。

そこでどうするか?

 
①コストダウン
②価格転嫁

基本的にはこの2点しかありません。

ただし、①のコストダウンは、もうやってますよね。
とことんまで製造工程を向上させて、
原材料だって、「もうこれ以上落とせない」ところまで切りつめてますよね。

 

じゃあ、②価格転嫁しかないでしょう。
ただし、「100gで100円」のものを、「100gで105円に」なんて転嫁は絶対にできません。
あからさま過ぎます。

そこでパッケージマーケティングの出番です。

増税を織り込んで、価格や内容量を変更した新製品を投入するのです。
パッケージを変更した新商品で勝負するのです。

突然ですが、問題です、

 
①120g 198円
②110g 188円

どっちがお得か、すぐに分かりますか??

答えは②です!

 
①120g 198円(1g=1.65円)
②110g 188円(1g=1.71円)

でも、パッと見てよく分からないですよね。
もし、①のような価格帯で販売しているなら、②のような価格帯の商品をつくることが必要です。

 
できれば、①を止めて、②を新発売することが望ましいです。
あるいは、①を緩やかに減らしていきながら、②を増やしていく。
それで収益性が高まります。

 
思い切って、このようにする方法もあります。
 
①12個入り1000円(1個=83円)
②5個入り500円(1個=100円)

思い切って半分以下の入数にします。
個数が半分以下になるのですから、お客さんも「多少の割高は仕方ないよね」となります。

 
増税に対応するために、
パッケージマーケティングをフル活用しないといけませんね。
そして、今から収益性を高めておきましょう。
 
 
また、違ったコスト変更方法を書きますね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =

ページの上部へ