顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【会社名か商品名か?あなたの会社はどっちにブランド力がありますか?ムヒのこどもかぜシロップ】
2012年11月4日

【会社名か商品名か?あなたの会社はどっちにブランド力がありますか?ムヒのこどもかぜシロップ】

【会社名か商品名か?あなたの会社はどっちにブランド力がありますか?ムヒのこどもかぜシロップ】

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦 陽司です。

あなたは「池田模範堂」という会社を知ってますか?
あんまり知らないかも知れませんね。

では、「ムヒ」は知ってますか?
有名な虫さされの薬ですね!

さて、「池田模範堂」と「ムヒ」とどちらが有名でしょう?
もちろん「ムヒ」の方が有名です。
ブランド力がありますね。

新商品を出す時に、もともとある商品のブランド力を活かすというのは大切なことです。

だから、商品名の付け方もこうなります!

「ムヒのこどもかぜシロップ」

ブランド力がある「ムヒ」の名前を使うことで、
消費者に訴える力が違ってきます。

これがどうでしょう。
「池田模範堂のかぜシロップ」だったら?
あんまりピンと来ないかも知れませんね。


エステーの「かおりムシューダ」も、香りがあるのに、ムシューダという無理なネーミングでヒットしています。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11165789158.html

ブランドネームがある商品名、会社名をパッケージに使うのは有効な手段の一つですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − eight =

ページの上部へ