顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【タダフサのパン切り包丁は買った後のことも考えたパッケージになっています】
2012年11月28日

【タダフサのパン切り包丁は買った後のことも考えたパッケージになっています】

【タダフサのパン切り包丁は買った後のことも考えたパッケージになっています】


おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

 

タダフサのパン切り包丁パッケージ

この包丁のパッケージもお洒落でしょう?
でも、単なるデザインだけでこのパッケージになったわけではないのです。

包丁を買った後に「研ぎ直しに出したい」と思った時、
どうやって送ったらいいのか??
普段、刃物を送ることなんてないですから、よく分かりませんよね。

 

でも、このパッケージならすっぽりと包丁が入ります。
きっちりと梱包して送れますね。

作り方としては至ってシンプル。
ダンボールを数枚、包丁の形に打ち抜いて、仕切りにしているのです。


さらに、「研ぐか、研がないか」を判断する
「包丁問診票」も同梱されています。
親切ですね。

 
 

お客様の「買った後」まで考えられたパッケージです。
お陰で、パッケージ自体がすぐに捨てられることなく、お客さんに「タダフサ」ブランドを告知し続けてもくれますね!

「捨てられないパッケージ」というのも一つ考えてみてはいかがでしょう?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + six =

ページの上部へ