顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【弥生堂 木偶の里(でこのさと) パッケージリニューアルで高級感アップ+環境にも優しい】
2013年02月22日

【弥生堂 木偶の里(でこのさと) パッケージリニューアルで高級感アップ+環境にも優しい】

【弥生堂 木偶の里(でこのさと) パッケージリニューアルで高級感アップ+環境にも優しい】


こんにちは。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

本日はお客様紹介!
弥生堂様の「木偶の里」(でこのさと)です!
このパッケージが最近、リニューアルしました。
 

高級感溢れる和紙の袋への印刷になりました。

リニューアル前は「角折り」と呼ばれる透明OPシートで包んだものでした。
密封性がないので賞味期限も短いものでした。

今回のリニューアルで2つのメリットがありました。
①見た目の高級感アップ
②脱酸素剤対応することで賞味期限アップ

お客さんとしても買いやすいですね。
①高級感→あげるのも、貰うのも嬉しい。
②日保ち→すぐに食べきらなくても大丈夫。

もちろん、製造ロスも減ることで地球環境にも優しいのです。

しかも、このデザイン、とってもいいでしょう?
凛々しい「木偶(でこ)」の顔がインパクトあります。

「人は人の顔に強く惹きつけられる」という特徴を持っております。
(詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-10974862382.html )

パッケージにこのように「顔」「キャラクター」があると、それだけで有利です。
しかも、この木偶!
インパクトある日本的なイラストでしょう!
一目で覚えてしまいますね。

弥生堂様に受け継がれている木偶の顔を使用させて頂きました。
意外に外国人に受けるかもしれませんね?

「えぇ~、木偶の里って、どんな味がするの?食べてみたい!」
そう思った貴方!

弥生堂様はこちらです!
どうぞお立ち寄りください!

弥生堂
〒779-3121
徳島県徳島市国府町和田表20-5
088-642-0115

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × one =

ページの上部へ