顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「おつきさま」「ダイナマイト」「ゴジラのたまご」ってなんだろうというパッケージマーケティング】
2013年05月6日

【「おつきさま」「ダイナマイト」「ゴジラのたまご」ってなんだろうというパッケージマーケティング】

【「おつきさま」「ダイナマイト」「ゴジラのたまご」ってなんだろうというパッケージマーケティング】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

GWも最終日ですね!
本日のパッケージマーケティングネタで合計666本になりました!
応援有り難うございます!
本日のネタもぜひ読んでくれたら嬉しいです!

「おつきさま」
「ダイナマイト」
「ゴジラのたまご」

これって、ある同じ商品の商品名です。
なんだか分かりますか?

今回、初紹介するのがこちら。

「おつきさま」
なんとこれはスイカのことだったんです。

真丸い黄色のスイカ、確かに「おつきさま」のようです。
パッケージで中身を連絡させてくれますね。

パッケージ天面には夜空のようなデザインも素敵ですね。

関連で、以前に紹介したパッケージマーケティングネタを
2点リライトさせて頂きます。

「ダイナマイト」
これもスイカなんです(笑)

真っ黒い、真丸い、ダイナマイトのようなスイカですね!
パッケージも「危険物取扱注意」を喚起させるデザインに!
ヘタのところには、火花飛び散るシールがにくい!
(ダイナマイト 詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11279502839.html )

「ゴジラのたまご」
これもスイカ(笑)

7Lという巨大なスイカです。
単なるスイカではなく「ゴジラのたまご」とすることでストーリーが付きますね。

パッケージもゴジラを封じ込む鉄格子のようです。
段ボールはゴジラが誕生する様子を表しています。
(ゴジラのたまご詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11278636877.html )

これらはどれも北海道の月形町産のスイカです。
楽しいパッケージでお客さんを喜ばせてくれますね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + twelve =

ページの上部へ