顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【消費税増税に備えて「土俵ずらし」で利益率を改善しよう。「隅田屋米」のパッケージ】
2013年10月3日

【消費税増税に備えて「土俵ずらし」で利益率を改善しよう。「隅田屋米」のパッケージ】

【消費税増税に備えて「土俵ずらし」で利益率を改善しよう。「隅田屋米」のパッケージ】

おはようございます。
世界初、徳島初、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日に引き続いて、消費税増税に対するパッケージマーケティング®話です。



 




 


お米って基本的に「kg」単位で販売されています。
でもお茶碗何杯分か分からない!


じゃあ、分かりやすい単位にしちゃいましょう!
・・・ということで、隅田屋商店の「隅田屋米」ではこのように表示してます。
 
隅田屋米 六合 パッケージ


 

「kg」でなく、「合」でパッケージしたのはもちろん分かりやすいようにです。
家庭で使われる方に配慮したものです。


ところで、お米1kgの値段ってどのくらいか分かりますか?
だいたい400~500円くらいですね。

では、お米1合は何円か分かりますか?
うぅ~ん、よく分からないですよね。

実はここがパッケージマーケティングのポイント!
単位をずらすことによって、相場の価格が分からなくなる!
つまり、値段を自社で決定できる訳です!

「土俵ずらし」で価格の決定権を持つことができる訳ですね。




量の単位は色々あります。



kg


回分
個入
人分

「土俵ずらし」で利益率改善、消費税増税対策のパッケージマーケティングですね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 8 =

ページの上部へ