顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージで他社と圧倒的に差別化する方法② 形を変えてみよう 弁当パッケージについて】
2014年06月21日

【パッケージで他社と圧倒的に差別化する方法② 形を変えてみよう 弁当パッケージについて】

【パッケージで他社と圧倒的に差別化する方法② 形を変えてみよう 弁当パッケージについて】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

アナタが駅弁のパッケージ担当をするならどうされますか?
まぁ、四角い容器ですかね?
高級感を出すために、竹っぽい素材にしますか?
いやいや、掛け紙のデザインに懲りますか?

それでは圧倒的な差別化はできませんね。
だって、普通ですから。

圧倒的に差別化するためには、「形」そのものを変えたらいいんです!

新幹線の駅弁!

うおー。
これは圧倒的な差別化!
・・・というか、中身は関係ないような(笑)

私の娘は「新幹線の弁当にする~!」と
中身を見ないのに叫んで、買いました(笑)

四角い弁当のパッケージで、掛け紙に印刷するだけでは
ここまで圧倒的な差別化はありません。

でも、パッケージの形から変えてやることで、圧倒的な差になりますね!


こちらのパッケージ、その場で捨てることができません!
子供は必ず言います!
「持って帰る~」(笑)

旅先で荷物を増やしたくない人はご用心!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + 19 =

ページの上部へ