顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ポッカ缶コーヒー 時代を反映して変わり続ける「顔缶」パッケージ。・・・え?初代は顔じゃない?】
2014年09月29日

【ポッカ缶コーヒー 時代を反映して変わり続ける「顔缶」パッケージ。・・・え?初代は顔じゃない?】

【ポッカ缶コーヒー 時代を反映して移り変わり続ける「顔缶」パッケージ。・・・え?初代は顔じゃない?】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

ポッカの缶コーヒーといえば、
パッケージに渋い男性のキャラクターがいることが
非常に強いブランド要素になっています。

さて、ご存知でしょうか?
実は初代の1972年のパッケージには男性キャラがいなかったということを!

実はこんな感じでした。
「いつでもどこでも気軽に楽しめる」というコンセプトで、
わかあものが集まったシーンを想像させるパッケージだったんです。

これはこれで哀愁がありますね。

それが1973年から男性のキャラクターのドアップに変わりました。
今とは違う、もみあげも長く、キャラも濃いですね!

2004年の顔缶と比べると、かなり爽やかになりましたね~(笑)

現在はこんな顔缶パッケージ。
コーヒー感を出すために、コーヒー豆画像を使用。

2000年代半ばに「スタバ」や「タリーズ」の
コーヒーチェーンが続々日本に入ってきました。

消費者が本格的なコーヒーを求めるようになることに、
対抗して、コーヒーらしさを強調するために、コーヒー豆の画像を使用したものです。

ちなみに、男性はメダルの中に入っております。

こんな風に、時代とともに、顔缶パッケージを変えていくポッカのチャレンジ!
見習わなければいけませんね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − fifteen =

ページの上部へ