顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【土屋鞄のランドセルパッケージを開封するとそこには・・・!本当に6年か宜しくお願いします!】
2015年01月20日

【土屋鞄のランドセルパッケージを開封するとそこには・・・!本当に6年か宜しくお願いします!】

【土屋鞄のランドセルパッケージを開封するとそこには・・・!本当に6年か宜しくお願いします!】

こんばんは。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日の投稿の続きです。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11978931563.html

土屋鞄の娘の凛がランドセルが届き、
そのパッケージの話です。

わくわくしながらパッケージを開けると!
まずフラップに水引の印刷!
そして、蓋の裏面に嬉しいメッセージが!!


小学校ご入学
おめでとうございます

丈夫で綺麗なランドセルに仕上がるよう、
大きなミシン、たくさんの工具たちと一緒に、
職人たちがひとつひとつ丁寧に、大切に作りました。

「なんだかランドセルが小さくなったみたい・・・・」
そんな風に感じる6年生の最後の日まで、
どうぞよろしくお願いします。

うぅ~ん、なんて温かいメッセージ!

さらに!
フラップを開くと、おっと!
ここにもメッセージが!

6ねんかん
よろしくね!

本当に心温まります。
細部まで感動させてくれます。


ランドセルを買うのは、お父さんお母さん、もしくはおじいちゃん、おばあちゃんですよね。
そんな人の、息子ちゃん、娘ちゃんに対する思い。
それがそのまま詰まっているようなパッケージです。

ここに共感が生まれ、温かい気持ちにさせてくれるのでしょうね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + eighteen =

ページの上部へ