顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【なぜ、松浦さんは自分にとっては不利益になるはずのパッケージマーケティング情報を公にしちゃうのですか?】
2015年08月4日

【なぜ、松浦さんは自分にとっては不利益になるはずのパッケージマーケティング情報を公にしちゃうのですか?】

【なぜ、松浦さんは自分にとっては不利益になるはずのパッケージマーケティング情報を公にしちゃうのですか?】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

本日の質問はこの方!
ペンネームは「自分が一番」さん!

ABET3130

<一番>
なぜ、松浦さんはパッケージマーケティング情報を公にしちゃうのですか?
情報は自分のものにしておいて、同業他社が真似できないようにしておいた方がいいですよね?

ABET3184

<松浦>
そうですね!ご質問ありがとうございます。
確かに、正直、私どもの企業秘密を公にするのですから、
私にとっては正直、不利益な情報公開かも知れません。

<一番>
同業他社に流用されることもあるでしょう?!
もしくは、お客さんが別のパッケージ会社に情報を流したりすることも。。。

<松浦>
もちろん、あるでしょうね。

<一番>
じゃあ、一体、なぜパッケージマーケティング情報を流すのですか?

ABET3151

<松浦>
私は「パッケージについて悩んでいる人」に対してSNS投稿してます。
その人たちの悩みを解決したり、軽くしたりしたいんですね。
そうして、・・・やっぱり行動して欲しいんです。

<一番>
確かに、なにも行動しないと、結果も変わりませんからね。

ABET3157

<松浦>
はい、それにパッケージ松浦のビジョンは「パッケージを変え、世界を変える」です。
ご存知のとおり、パッケージ一つで売上が上がったり、ブランドにつながったりすることがあります。

<一番>
松浦さんのSNSや著書を見ていれば、それは本当によくわかります。

ABET3164

<松浦>
私一人、パッケージ松浦一社では、「パッケージを変え、世界を変える」の実現は不可能ですね。
だから、仲間を増やしたいんですよ。
パッケージが大好きな仲間を!

<一番>
え?!

ABET3209

<松浦>
私のSNSや本がきっかけで、何か一つでも行動に移して、パッケージを変えてくれて、
売上や利益を上げたり、ブランドを高めてもらいたいんですね。

<一番>
それが、直接、松浦さんの収益に繋がらなくてもですか?

<松浦>
ははは。
そりゃ、パッケージ松浦に声をかけてくれたら一番嬉しいですよ。
でも、例え同業他社に情報が流れて、真似して、そのお客さんが売上を伸ばしてくれたとしたら、
また一社、「パッケージを変え、世界を変える」ということに共感してくれる人が増えますよね。

<一番>
まあ、確かに。

ABET3244

<松浦>
それによって、パッケージ業界全体か活性化し、
さらには日本全体が活性化していく。
そして、「パッケージを変え、世界を変える」ことを実現していきたいんです。

<一番>
自分だけの、自社だけのことではなく、業界全体のことも考えていたんですね。

TAK_8826

<松浦>
それが、ビジョンである「パッケージを変え、世界を変える」につながりますからね。

<一番>
本当に納得できました。
ありがとうございます。
これからも松浦さんの投稿を楽しみにしてます。

<松浦>
こちらこそ、ありがとうございました。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 4 =

ページの上部へ