顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【戦略って、もともと“戦いを省略する”ってことですよね。違いを作って独自化するヤマサ鮮度の一滴パッケージマーケティング】
2015年09月24日

【戦略って、もともと“戦いを省略する”ってことですよね。違いを作って独自化するヤマサ鮮度の一滴パッケージマーケティング】

【戦略って、もともと“戦いを省略する”ってことですよね。違いを作って独自化するヤマサ鮮度の一滴パッケージマーケティング】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

孫子の兵法にありますね。
「戦わずして勝つ」と。
できれば戦って勝つのではなく、戦いそのものを避けたいですね。

さて、アナタが醤油会社の社長だったら、醤油開発はどういう競争ポイントで勝負しますか?
やっぱり一番は「味」でしょうね。

でも、これが落とし穴。
味は100点がないんです。
(正確に言うと、100人に100点は無理)

田中さんは甘いのが好きですが、鈴木さんは辛いのが好き。
九州の方に行ったら醤油の味って甘めですよね。
北陸に行ったら、辛めです。
好みがあるので100人に100点は無理なんです。

だったら、一人に150点レベルの感動を!
他の人は買ってくれなくてもいいじゃない。
そんな考え方もしてはいいのではないでしょうか?

こうすると価値観の合うお客様と、価値を共有することができます。
ペルソナマーケティングともいいます。

image1

さて、ヤマサ鮮度の一滴シリーズは、競争ポイントが「鮮度」になってます。
発売したのは2009年。
醤油といえば瓶やペットボトルが普通ですが、ここにパウチ袋として登場!

簡単に説明すると、2重構造の注ぎ口で、注ぐときは口が開き、容器を立てるとフィルム膜がぴったりと閉じる仕組み。
しょうゆが空気に触れて酸化するのを防いでます。

ペルソナ(メインターゲット)は複数設定しているようですが、
例えばその中の一人が
●単身世帯者(ひとり暮らしの人)です。

8526771_LL1

一人で醤油を買っても、2~3ヶ月で使い切れずに、鮮度が落ちまくっている。
そんなことってありますからね。

この人たちに響くように鮮度を保てるパッケージ開発を行いました。
調味料は小売りベースで年間5億円を販売すればヒット商品とされるそうですが、
2011年は15億円を売り上げたそうです!
すごい!

さらにペルソナの声を聞き、
小さく140mlパッケージを開発したり、
2012年には立てた時の安定感を増すような改良したり、
2015年には鮮度保持期限がWエアブロックで120日から180日に伸びるという改良もされてます。
日々の努力も素晴らしいですね。

sendo4

こうやってペルソナを設定すると、
競合他社との「競争」するポイントがずれて、
戦いを省略することもできるかもしれないですね!

鮮度の一滴のパッケージマーケティング解説でした。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 19 =

ページの上部へ