顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > <スパイスカレー屋「バビルの塔」に学ぶ「お客さんも喜び」そして「お店も喜ぶ」シナリオづくり>
2016年03月31日

<スパイスカレー屋「バビルの塔」に学ぶ「お客さんも喜び」そして「お店も喜ぶ」シナリオづくり>

2016年3月29日(火)に行った大阪のスパイスカレー屋さん「バビルの塔」の取り組みが面白かった!
すっごい人気店らしく、12時前に行きましたが人が並んでましたね。

IMG_3555
メニューはいたってシンプル。

IMG_3556
肉カレー850円。
(ガッツリ肉食派の方にはおすすめなう)

豆カレー750円。
(動物性の食材を一切使用しないヘルシーなカリーです。)

そしてその2つが半々の「あいがけカレー」900円。

IMG_3592
ほとんどの人は「あいがけ」を頼んでましたね。
「両方食べれて得したね!」とにっこにこ!

もちろん、私も「あいがけカレー」
だって、やっぱり両方食べたいじゃないですか!

でも、冷静になって考えてみると。。。
肉カレー850円と豆カレー750円が半々なら800円なんじゃ(笑)?!
(まあ、もちろん手間代の分、800円少々なんでしょうけど)

これって結構、素晴らしいシナリオだと思うんです。
お客さんは2種類食べれて嬉しい!
自店舗は客単価や利益率があがって嬉しい!
両方ともハッピーになれますよね。

ちなみに、なぜこのお店に行ったかというと、
知り合いの人が勧めてくれたから!

広告の信頼性の話。
「企業の広告を信頼する」は14%。
「友達からの情報を信頼する」は78%。

やっぱり知り合いからの情報が一番ですよね!
阪田さん、太田さん、ありがとうございました。

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 2 =

ページの上部へ