顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > <ご縁紡ぎ大学in徳島 クロフネカンパニー 案浦豊土氏の「話し方」>
2014年12月19日

<ご縁紡ぎ大学in徳島 クロフネカンパニー 案浦豊土氏の「話し方」>

<ご縁紡ぎ大学in徳島 クロフネカンパニー 案浦豊土氏の「話し方」>
 
 
2014年12月14日(日)
ご縁紡ぎ大学in徳島 
クロフネカンパニー 案浦豊土氏
「話し方」セミナーでした!

 
 

同じように喋っても、口コミが広がる人と、そうでない人がいる。
大きな違いはなんだ?
ものすごく口コミを生む中村文昭さんの付き人として長年務められ、
このことを案浦さんは研究されているそうです。
 
 

それはこちらの3つだと言われています。
①組み立て
②表現力
③コミュニケーション力
 
 
 
 
①組み立て
伝えたいことを、1~2つに絞ることが必要。
 
 
例えば、口コミを生む中村文昭さんの講演の場合は、
「4つの鉄板ルール」をとにかく伝えている。
 
 
講演時間によって、寄り道の数は変わってきますが、
とにかく「4つの鉄板ルール」を伝えている。
 
 
伝えたいこといっぱい、お土産いっぱいだとわかりにくい。
あれも、これも、それも、どれも、なにも、かにもを伝えようとすると、
なんだかわからなくなる。
口コミを生みにくい。
 
もっとも伝えたいことを組み立てる必要がある。 
 
 
②表現力
 
 
表現を発するのも、受け取るのも、3つの感覚がある。
●映像感覚
●言語感覚
●皮膚感覚
 
 
●映像感覚
 
話すときに、演技をするように話すと、映像として残りやすい。
相手に映像が浮かぶように話す。
例えば、一人二役で会話するようにする。
 
 
話すときに、
色、形、大きさの3つを入れて話す。
 
 
 
●言語感覚

残りやすい言語を使う。
「4つの鉄板ルール」
「返事は0.2秒」
数字を入れる 記憶に残りやすい。
条件反射は0.2秒らしい
 
  
 
●皮膚感覚
味覚、触覚、嗅覚
あの時のドキドキ感を思い出すように話す。
楽しそうに、感情豊かに話す。
 
 
3つを巧みに使い分けながら、話をしているから、
中村文昭さんの口コミを生んでいく。
 
 
 
③コミュニケーション
 
 
質問⇔答えの繰り返しはコミュニケーションではない。
相手の答えを受け止めてから、返す。
会話が膨らんでいる。
これがコミュニケーション。
 

こんなお話をしていただきました。

私もセミナー講師とかしていますが、

●映像感覚
●言語感覚
●皮膚感覚
 は、あまり意識してなかったです。

一人二役などは、しっかりとやっていきたいと思いました。
案浦さん、ありがとうございます。

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 19 =

ページの上部へ