顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 創客ネットワーク > <創客ネットワーク 広告費をかけずに広告をする方法 TAO 寺内不二郎氏>
2014年11月12日

<創客ネットワーク 広告費をかけずに広告をする方法 TAO 寺内不二郎氏>

<創客ネットワーク 広告費をかけずに広告をする方法 TAO 寺内不二郎氏>
 
 
 
2014年11月12日(水)
「創客ネットワーク」という勉強会に参加してきました!
 
 

第一部
広告費をかけずに広告をする方法 TAO 寺内不二郎氏
 
 
寺内氏は語ります。
「マーケティングとは、人と人との結びつきを創造することと考えている」
 
 

講演は続きます。
 
 
「人は感情でモノを買い、理屈で正当化する」
■人は欲求を満たすためにモノを買う
①何かを得たいという欲求
②何かから逃れたいという欲求
 
■一方「買う理由」が揃っていないと買わない。
時計が欲しい人は何本も欲しい。
でも、買ったら奥さんに怒られる(笑)
 
 
なんとか理由をつけないと。。。
「限定品で今しか手に入らないから」
「これはすごい頑丈で壊れないタイプだから」
などなど、苦しくても理由(言い訳)がないと買わない。
 
 
だから、
①なぜ私が買わなければならないのか
②なぜアナタから買わないといけないのか
③なぜ今、買わないといけないのか
ということを伝える必要がある。
 
 

セールスコピーを書くためには
自社商品・サービスの特徴を、「ベネフィット変換」しなければいけない。
プロダクトアウト(モノ)から、マーケティングイン(コト)に変換しなければならない。
 
 
 
 
 
「この商品は●●です」から「この商品は●●してくれます、だからアナタにとって、■■なのです」と変換するのです。
 
 
 

例えば、初期のi-podは容量が5Gでした。
「この商品の容量は5Gです」といっても、お客さんには全く伝わりません。
でも、このように言っているモノ売りも多いのです。
 
 
ベネフィット変換するとこうなります。
「1000曲をポケットに」
 
 
ね!
お客様が得られる体験が一発でわかります。
 
 
 
セールスコピーは相手に伝わり、動き出してくれるコピー!
寺内さん、ありがとうございました。
カテゴリー | 創客ネットワーク

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + 10 =

ページの上部へ