顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島盛和塾 > <親子が共通の価値観を持つ方法>~盛和塾<徳島>パネルディスカッション例会~
2019年05月18日

<親子が共通の価値観を持つ方法>~盛和塾<徳島>パネルディスカッション例会~

【共通の価値観って何だろう?】

親子が分かりあえるって素晴らしいこと。
でも、たいていの場合は、完全に分かりあうって難しい。
では、どうしたらいいんだろう?
そうか、共通の価値観を持てばいいのか!

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

2019年5月14日(火)
盛和塾<徳島>の例会が開催されました。

何と!
盛和塾<徳島>史上、初めての取り組み!

代表世話人である北島代表をコーディネーターとした

【三和電業グループ 山地ファミリーパネルディスカッション例会】

登壇されたのは
父 山地真人 会長(盛和塾香川)
姉 山地貴子 総務課長(盛和塾香川)
弟 山地一慶 社長(盛和塾徳島)

山地会長は三和電業グループの2代目社長(現会長)で70歳!
そりゃ、もう元気いっぱいです!

そして、姉である貴子さんが総務課長。
弟である一慶さんが社長。
まさに、親子3人で引っ張っていっておられます。

話し合われたテーマはこちら!
・事業継承と稲盛哲学について
・海外展開の意義について
・フィロソフィの浸透について

・事業継承と稲盛哲学について

真人会長の言葉で印象的だったのは
「表向き、いい関係の親子も、二人きりになれば、いがみ合ってる場合が多い。
こんな事業継承ではいけない。
盛和塾で共通の学びをしていかないと。
学びを共有しているので、価値観を同じく会話ができる。」

・海外展開の意義について

一慶社長の言葉で印象的だったのは
「私はフィロソフィに命を救われた。
中国で現場が全部だめ、毎朝クレーム、部下は言うこと聞かない、約束も守らん、やさぐれてた。
不平不満愚痴ばっかりの時に目にしたフィロソフィの文字
“不都合を楽しめ”
タイトルを見て泣いた。
顔を上げて、社員さんを見ると、全員敵やと思ってた、けど、そうじゃないと気付いた。
一生懸命、がんばってくれてると気付いた。
その時から、一個一個、歯車があってきた」

・フィロソフィの浸透について

貴子課長の言葉で印象的だったのは
「会長とよくぶつかることがあります。
その時に“会長、そこはフィロソフィで考えるとダメですよ”というと会長が止まるんです。
トップが、フィロソフィのことを行った時に止まる。
これってとっても大切ですよね。
会長が“そんなん関係ないんや”と言ったら、フィロソフィが死ぬ。
会長でも、バトルしているときにも、フィロソフィで止まれる。
だからこそ、フィロソフィに命が吹き込まれるんだ」

ホントに素晴らしい学びを頂きました。

それもこれも、北島代表が素晴らしいコーディネーターをされたこと。
そしてもちろん、山地家三人がド真剣に仕事をされているからです。
ありがとうございます。

追記
懇親会でも学びは続く。
それにしても、ザ・パシフィックハーバーの料理は美味しい♪

カテゴリー | 徳島盛和塾

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 3 =

ページの上部へ