顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > かっこいい大人がニッポンを元気にする! ~大嶋啓介編①~
2009年08月26日

かっこいい大人がニッポンを元気にする! ~大嶋啓介編①~

あまりにも感動した8月22日の北大阪経営研究会の特別セミナー!

レポートしたので、これから何日かに渡って連載します。


まずは「てっぺん」の大嶋啓介さんのセミナーからお楽しみください!


パッケージ松浦 のブログ


【1】 大嶋啓介さん経歴


大嶋啓介さんが、11年前の24歳のときに絶対の自信を持っていたこと。

それは「これから僕の先の人生、絶対に上手くいかない、光り輝く可能性はない」。

根拠は「今までの24年間、人生が上手くいってい」こと。


パッケージ松浦 のブログ


小学3年の時に、父親(警察官)を殉職で亡くす。

父の名を汚さぬため、「いい子でいなければならない」と呪縛(禁止令)がかかる。

自分を、ありのままに表現できない人生を過ごす。

中学時代に、野球に熱中しかけるが、肘を壊し、挫折。

高校受験に失敗。

不良高校に入学も、不良にもなれず、自分を表現することもできない。

大学を卒業して入った会社で営業マンをするも、営業不振。

1年で会社から強制解雇(クビ)を命じられる。

じいちゃんの影響で、「飲食をしたい」と思い、飲食店(かぶらやグループ)に就職。

店長になった直後、1週間でアルバイトが全員辞める。

アルバイトからは「大嶋さんと一緒では成長できない」と言われ、

お客さんからは「大嶋君が店長で、この店は大丈夫か?」と心配される。

社長に「メンバーを変えてください」と直訴する。

しかし、社長に殴られ、「お前は成長したくて、このかぶらやグループに入ったんじゃないのか?筋トレするのに軽い荷物でどうするんだ!お前にはもっと重い荷物を持たせてやる」と言われ、更に過酷な状況を与えられる。

そして、心も体も「ポキッ」と折れた。

鬱に2回なり、そしてノイローゼになった。

出勤したら、39℃の熱が出る(帰宅したら下がる)。

仕事のことを考えると吐いてしまう。

だから自信がある。

「これから僕の先の人生、絶対に上手くいかない、光り輝く可能性はない」。


…さて、これから先、どうなるのか?

明日に続く。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =

ページの上部へ