顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 幸せの条件⑥「坊主憎けりゃ袈裟まで」 ~大谷徹弉さん~
2010年03月15日

幸せの条件⑥「坊主憎けりゃ袈裟まで」 ~大谷徹弉さん~

大谷徹弉さんがスーパーにリンゴを買いに行きました。

目についたリンゴに傷がついています。

大谷徹弉さんは一生懸命に、傷の付いていない綺麗なリンゴを探します。

この時に「ふと」思います。

「あれ?リンゴの傷ばかり見て、綺麗なところをみていないぞ!」

このことは人間関係においてもよく起こります。

パッケージ松浦 のブログ

普段、仕事もできる、気配りもできる社員さんが居ます。

大事な会議の資料を作るとき、たった一回の失敗、コピーを曲がったまま取ってしまいました。

その人はその日から「コピーもできない奴」と呼ばれます。

その後、一生懸命しても、なにかにつけて、「コピーもできない奴」と呼ばれます。

たった一回の傷、弱さ、失敗を見て、そしてそれをずっと引っ張ってしまうというのが人間の癖なのです。

これが嫌いな人ならもう大変です。

「坊主憎けりゃ、袈裟まで」の格言が示す通り、その人が身に着けていた服やカバンなどまでに腹が立ってくるのです。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + twenty =

ページの上部へ