顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 中村文昭さん【2】 情熱で常識を打ち破れ! 
2010年04月16日

中村文昭さん【2】 情熱で常識を打ち破れ! 

パッケージ松浦 のブログ


私(中村文昭)が高校3年生の時の話です。

私には兄が居ました。

兄は出来すぎた人間で、非常に優秀だったんです。

大学も選びたい放題、何処でも行ける人間でした。

しかし、兄には夢があったんです。

「絶対にカメラマンになる!」

情熱があったんです。

「憧れの師匠に弟子入りして、カメラを学び、一流のカメラマンになる!」


パッケージ松浦 のブログ


当然、両親は反対していました。

「カメラマンになるなんてとんでもない。不安定な職業につくのではなく、とりあえず大学へ行け!お前なら何処でも行けるやないか!」

兄の情熱はこんなことでは折れません。

逆に、「両親に許されないのであれば、既成事実を先に作ってしまおう、憧れの師匠に、先に弟子入りしてしまおう。そうすれば許してくれる。」と考えました。

兄は三重から、東京に居る憧れの師匠に会いに行きます。

しかし、けんもほろろに断られてしまいます。

1回、2回、3回、…10回、会いに行きますが、断られてしまいます。

パッケージ松浦 のブログ

私は兄に尋ねました。

「兄ちゃん、無理やろ。常識で考えたらアカンわ。」

しかし兄は私にこう言いました。

「常識では確かにアカンやろうな。でもな、10回行けば、(あれ、こいつ本気かな?)と思ってくれるやろう。20回行けば(こいつ、情熱ある奴やな)と思ってくれるだろう。俺は絶対にカメラマンになるねん。だから情熱で常識を打ち破るねん。」

そして更に通い詰め、遂には念願の弟子入りを成功させたのです。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 6 =

ページの上部へ