顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 【企業の4つの状態で理想的なのは?】~広島経営研究会 カープのマーケティング 迫勝則氏~
2019年10月20日

【企業の4つの状態で理想的なのは?】~広島経営研究会 カープのマーケティング 迫勝則氏~

<Q.スポーツビジネスにおいて、もっとも理想的な状態とは?>

次の4つのパターンのうち、
悪い順に並べてみてくださいね!

1 チームが弱い、客が入らない
2 チームが強い、客が入らない
3 チームが強い、客が入る
4 チームが弱い、客は入る

<広島経営研究会 カープのマーケティング 迫勝則氏>

2019年10月18日(金)
広島経営研究会におじゃまして
カープのマーケティング 迫勝則さんのお話を聴かせて頂きました!

冒頭に先ほどのクイズがあったんです。

もちろん、最悪なのは
「1 チームが弱い、客が入らない」です。
どうしようもないですね。

次が
「2 チームが強い、客が入らない」
「3 チームが強い、客が入る」
この2つで迷うところでしょうか。

スポーツビジネスにおいては次に最悪なのが
「2 チームが強い、客が入らない」だそうです。
運営的にもちろん厳しい。
しかも、一時強くても、ファンに愛されないチームは弱体化するそうです。

残りは
「3 チームが強い、客が入る」
「4 チームが弱い、客は入る」
ですから!
そりゃ、三番目に最悪なのは4でしょってなりそう。
でも、迫さんは意外なことを言いました。

「三番目に最悪なのは 3 チームが強い、客が入るです」
「4 チームが弱い、客は入るは、実は理想的」

もちろん、3の状態を目指すのですが、
4のチームは弱くても見捨てられない、愛されている状態。

カープは昨年までは3だったけど、今は4に移行してるかも知れない。
でも、また3を目指すんですけどね。

<結論>

最悪から並べると

1 チームが弱い、客が入らない
2 チームが強い、客が入らない
3 チームが強い、客が入る
4 チームが弱い、客は入る

このままの順番でした。

<中小企業に置き換えると?>

懇談会の中で、ボクは質問させて頂きました。

「4 チームが弱い、客は入るって、スポーツビジネスにおいては有り得るかも知れません。
だけど、中小企業において、商品・サービスは悪いけど、お客さんが来るって、あり得なくないですか?」

迫さんは真剣に答えてくれました。

「それでも、あなたの会社が好き!そう思わせる物語、ストーリーがあれば可能になるでしょう」

そう言われてみれば、ブランド化された商品ってそんなこともありますね。
車のミニだったら、購入者は
「これは定期的に壊れる車」と知っている。
それなのに、ミニ好きは購入するわけですから。

パケマツにおけるストーリーは何だろう?
キャラクターかな。
もっと掘り下げてみよう。

あ、もちろん
「商品・サービスも良く、お客さんに選んでもらい続ける会社」を目指してがんばります♪

迫さん、ありがとうございました!!

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − 2 =

ページの上部へ