顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【家事だって緊急事態宣言! 今夜のごはんは任せなさい!】~一品料理が、逸品料理に変貌~
2020年07月30日

【家事だって緊急事態宣言! 今夜のごはんは任せなさい!】~一品料理が、逸品料理に変貌~

家事だって緊急事態宣言!
今夜のごはんは任せなさい!

「おい、今日の晩御飯、俺が作ろうか?」

なんて、旦那が言ってくれたら嬉しいですよね。

あ、おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。


(今日のブログはこちらのパケTubeをまるで違う角度から改めて紹介)

いやー、ホントにボクも出張が減りました!
四国から外に出たのは3月24日が最後。

7月28日に産創館でパッケージセミナー講演依頼があったので、
大阪に行ったけど、なんと4か月ぶり!

びっくりですねー。
こんなに四国外に出てないなんて。
あんなに出張に行ってたのに。

妻も大変だろうなー。
毎日、毎日、父親が家に帰ってくる(笑)

こんな主婦って多いと思うんですよ。
ボクみたいに、本来出張が多い旦那さんと結婚してたら

「なんで毎日、旦那が家に帰ってくるの(怒)」

って叫びたくなるでしょうねー。

そんな主婦の皆様に朗報です。

「料理の仕込みの一手間、減らします」

いや、もっとうまくいけば。

「旦那に料理をお願いできちゃいます」

使うのはこちら。

大市珍味の「仕込みの達人」!

パッケージがめちゃめちゃインパクトありますね。

もともとの開発コンセプトがこちら。

「料理の仕込みは私、料理人の“みのる”が貴方に変わってしております」

そーなんです。
料理で一番面倒なのが仕込み!

これを大市珍味さん、、、というか
「料理人みのる」が行ってくれているということ。

パッケージ正面に「仕込みの達人」とでかでかと書いてます。

白身魚のすり身が入っていて
ちょっと茹でるだけでも、一品料理。

ちょっといい器に入れて、
横に茹で野菜でも添えようものなら、逸品料理!

料亭で出しても、一品500円や1000円の料理にすぐなります。
しかも、バイトでも出来る!

だから、主婦の手間も減らしますね。

こんなに簡単にできるなら???

出張に行かずに、家に早く帰ってくる旦那にだってできる(笑)

実際にボクも作ってみました!


「白身魚のワンタン揚げ」

どうです?
美味そうでしょ?

娘の凛と一緒に作ったんですけど、
レシピサイトに載ってた包み方とはだいぶ違うけど(笑)
しっかりと一品ができました。

凛も「おいしー」と言いながら食べてくれましたよ。

そして!
この「料理人みのる」は、レシピの紹介もしてくれます。

「買ったけど、どうやって料理したらわからない」

そんな悩みはパッケージで解決!
パッケージ裏面のQRコードで誘導してくれます。

「あ、うちでも使ってみたい」

そう思った方は
「仕込みの達人」は通算サイトから購入できます・

大市珍味通販サイト
https://daiichichinmi.shop-pro.jp/?pid=148217578

ぜひぜひ、お買い求めくださいねー。
レンコン味、エビ味もあります!

主婦の一手間が減る!
いや、ひょっとしたら、旦那が作ってくれるようになるかも知れませんぞーーー。

ちなみに冒頭のキャッチコピーは、
キャッチコピーライターの吉免高志さんのYoutubeから引用させていただきました!
ありがとうございます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − 5 =

ページの上部へ