顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【家庭の会話が思わず弾むパッケージ】
2020年12月7日

【家庭の会話が思わず弾むパッケージ】

「マツさん、あなたの夢やビジョンは?」

そう聞かれて、
この間、ドキッとしたことがあります。

「仕事のことばかりで、
家庭や個人のことがないじゃないですか」

うーーん、確かに。
人生において、

家庭や個人を置き去りにするのは
寂しい話かも(汗)


2020年12月3日(木)
日創研 徳島経営研究会
リーダーシップ委員会が開催されました!

「ピジョンプレゼンテーション」

昨日、紹介しきれてなかった
二人目の発表者です。

石原金属 前山祐二さん

実は前山さんは社長という立場ではなく
「営業部長代理」という立場で
経営研究会にご参加されております。

その前山さんが語るビジョン!
いい話でした!

核の部分はちょっと
まだ本人許可が得られてないので
伏せておくのですが

ボクが印象的だったのは
前山さんのビジョンには
最後にちゃんと「家庭」のことが入ってたこと。

なるほどな。

そこを忘れちゃ、人生じゃないな。
そんな風に思いました。

前山さん、ありがとうございます。

石原金属は

「金属を磨き、人格を磨く」

そんな会社であると痛感しました。

あ、この決めセリフは
カフェカフスの澳津美菜さんから頂きました(笑)

ちなみに、パッケージででも
親子や家庭のつながりを深められないか?

こんな

「家庭の会話が思わず弾むパッケージ」

があります。


牧商店さんの
竹ちくわ1本入りパッケージ
「ちっかーず」

地元・徳島県小松島市の
人気キャラクターの
「ちっかーず」というキャラクターを
デザインした竹輪です。

「いや、このパッケージの
どこが会話を生むねん?!」

という方、少々お待ちください。

実はこのパッケージ、
ギミック(遊び)要素があります。

竹輪を引き抜くと。。。

あ!
ちっかーずが透明に!


パッケージの「ちっかーず」に
本来は茶色印刷しないといけないのですが、
わざと透明にしました。

「竹輪を引き抜くと、
ちっかーずが透明になる」

というギミックです!

そしてこの商品を
だれが買うかと言うと、
実は「おじいちゃん」が非常に多いのです!

その購入する理由は
「孫が喜ぶんじょ」なんだそうです。

パッケージによって、
おじいちゃんと孫さんの
会話が生み出されるなんて素敵やん(笑)

【家庭の会話が思わず弾む】

というパッケージでした。

あなたの家庭の食卓で話題になると嬉しいです。


西村博さんとの
ちっかーずパッケージ解説話がこちら。

合わせて見てくださると嬉しいです。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 3 =

ページの上部へ