顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【中身とパッケージは二者択一ではない】~フルーツガーデン山形さんの「いちごカタラーナ」パッケージ~
2021年01月23日

【中身とパッケージは二者択一ではない】~フルーツガーデン山形さんの「いちごカタラーナ」パッケージ~

「頼むから水より安く売るな」

醤油屋さんは半年とか一年とかかけて
お醤油を創っているのに

大手メーカーとの価格競争から
「特売98円」などで
売られていることもあります。

「水より安いじゃん」って感じです。

この価格競争激化の中!
鹿児島のお味噌や醤油の老舗
「藤安醸造」さんは
新ブランドで非常に成功しているそうです。

新ブランドの名前は
「休左衛門亭」

なんとトヨタの「レクサス」を
ヒントにブランドを打ち立てたとのこと。

藤安健志専務は
4つの成功要因のうちの一つで

・中身とパッケージ、両方へのこだわり
(どちらかだけ、ではない)

と話されておりました。

これは本当にその通り!
声を大にしていいたいですね(笑)

徳島のフルーツガーデン山形さん!

新しい商品が開発されました!

「いちごカタラーナ」

です!

中にぎっしり
苺の詰まったカタラーナ!

上にもざく切り苺が
乗ってるバージョンもございます。

フルーツガーデン山形さんのロゴを
透明シールの上に、
ちょっと透ける白で印刷!

※印刷袋に画像では見えちゃいますが
透明袋にワンポイントシールです。

4つ入れたら
箱入りパッケージになります。

こんな風にフルーツガーデン山形さんも

・中身とパッケージ、両方へのこだわり
(どちらかだけ、ではない)

を見せてくれています。

フルーツガーデン山形さんと言えば
最近、連続して商品を発売されています。

見た目に美しい
モクテル風の「いちごミルク」

映えますねー(^^♪

透明ボトルに、
透明シールで、中身を見せます。

西麻布フレンチモンスターと
コラボして作った「いちご生キャラメル」

こちらはあえて「缶」パッケージを採用!
シール映えを狙っております。

そして、本家本元
「うずしおベリー」

こちらも透明パッケージに
透明シールという構成です。

どれもこれも
フルーツガーデン山形さんが
丹精込めて作った商品!

・中身とパッケージ、両方へのこだわり
(どちらかだけ、ではない)

が溢れております!

今はいちご狩りもやってます。

完全予約制!

密にならず、
安全に遊びに行けるので
徳島の方はぜひ、行ってみてくださいね(^^♪

 

<フルーツガーデン山形>

〒 772-0041 徳島県鳴門市大津町大代645-1
TEL・FAX 088-685-4721
Mail info@fg-yamagata.jp
http://fg-yamagata.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − seventeen =

ページの上部へ