顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > オンライン時代の パッケージ 打ち合わせ 脅威の時間短縮商談
2021年08月30日

オンライン時代の パッケージ 打ち合わせ 脅威の時間短縮商談

オフライン時代から
オンライン時代への変化!

営業のやり方
接客の仕方
パッケージの打ち合わせ方

これら様々なものに
変化が生まれて来ています。

さて、あなたの業界は?

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ変える
パッケージマーケッターの松浦陽司です!

本日のお話は

オンライン時代の
パッケージ 打ち合わせ
脅威の時間短縮商談

で、行ってみよーーーー!

 

 

皆さんの周りにいませんか?

大雨や台風の日に
「ちょっと近所の
川の様子を見てくる」
という迷惑な人。

「ちょっと見に行く」心理とは

この記事見て、
面白いなと思ったんだけど

その理由は
「スカウティング(偵察行動)」
といい、男性に多いそうです。

簡単には「縄張りチェック」です。

自分の縄張りがどうなってるか?
確認したくて仕方ない。

でも、「川って、あなたの縄張り?」
って感じですよね?

「縄張り」って、
過去からの意識の問題で
現代では意味のないものに
変わって来てます。

 

 

営業スタイルも変わりましたね。

今だにあります。
緊急事態宣言地区の営業マンから
電話がかかって来て

「近いうちに、お伺いさせて貰えませんか?」

まあ、断ることもないので

「いいですけど、こんなご時世なんで
zoomにしませんか?」

というと

「いや、実際にお伺いします」

という。
zoomじゃダメな理由を聞くと

「zoomってよく分からない」

と言われて、もう断りました。

かつては
「リアルが当たり前」
という価値観でしたが

もう現在は
「オンラインが使えないと」
仕事にもならないですよね。

 

 


2021年8月26日に
「ブランディング事例共有会」
で、登壇させて頂きました。

その時に、このような
ご質問を頂いたんです。

「パケマツさんって、
全国に顧客がいますね。
一体、今はどうやって
パッケージの打ち合わせしているんですか?」

そこでお答えしたのが

「全て、zoomです」

ということ。

いやー、もう実際に

「一回も会ったことないけど
パッケージが完成しました」

ってことが何例もあります。

 

 

最南端は鹿児島県の
「奄美大島」の徳之島!

安田製菓の安田まさしさん!


こんなに遠い。。。(笑)

もちろん、zoomを
活用してパッケージ商談!

後は基本的に
メッセンジャーグループでやり取り。

誕生した商品がこちら!


琥珀の泪(こはくのなみだ)

どうです?
美しいでしょう?

 

 

実はこの安田製菓さんとの
商談の中で生まれた技もあります。

それは、
「zoomでイラストレーター共有」

これがめっちゃ便利!
お互いの時間短縮になり
ストレスフリーな打ち合わせに!


zoomで画面共有!

右上に居るのが
松浦と安田さんと
デザイナーの桑原さん。

「七角形のシールが
丸になったらどうなる?」

なんて問いに、
「あいよ」と桑原さんが画面操作!


これを見て
「うーん、丸はないな」と即決!

これ、営業マンと
クライアントの
リアル打ち合わせだと

「じゃあ、一旦、会社に持ち帰り
デザイナーに行って
七角形パターンと
丸パターンとレイアウトして提出しますね」

ってことになる。
すぐに1~2日経過してしまう(汗)

それが、このzoomの
画面共有を使うと
ものの1~2分!

1~2日が
1~2分ですよ(笑)

こんな風な使い方で
めっちゃ仕事が
捗るようになりました。

オンライン時代のおかげですね。

 

 

本日のお話は

オンライン時代の
パッケージ 打ち合わせ
脅威の時間短縮商談

でございました!

 

 

全国のパッケージ開発で
悩んでいるあなた!

まずは一回気軽に
「松浦さん、zoomしませんか?」
と声かけてくださいね!

距離は関係ございません!

 

 

パッケージ開発に興味を
持ってくださったあなた!

パケマツホームページを
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + nine =

ページの上部へ