顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > ぎょーざもパッケージもエンターテインメント!~パケマツ×モヒカンらーめん対談編~
2021年11月24日

ぎょーざもパッケージもエンターテインメント!~パケマツ×モヒカンらーめん対談編~

「食べログベストラーメン福岡」
に選ばれたこともある
福岡県久留米市の
「モヒカンらーめん」

モヒカンらーめんの
夢見る51歳
於保(おぼ)貴久社長にインタビュー!

 

 

松浦

於保さん、
パッケージ松浦で色々と
パッケージを採用頂いて
ありがとうございます。

最初に、パケマツに
パッケージ依頼をしようと
思ったきっかけはなんですか?

 

 

於保

2015年の佐賀経営研究会
例会で松浦さんの話を聞いて
「なんやこの人?」と思ったのがきっかけです。

正直、美味しいラーメンを
作れば売れると思っていましたが

「商品が旨いだけじゃダメ」
という言葉にびっくり!

いかにパッケージで
お客様がワクワクする体験を
伝えることが大切か気づきました。

コロナの影響もあって
店売り以外での売り方を考えるときに、
パッケージの専門である
パケマツさんに知恵を借りようと思ったんです。

 

 

松浦

於保さん、ありがとうございます。

モヒカンらーめんと
パケマツの初の採用事例が
「巨大チャーシュー」でした。

あれは数量限定発売でしたが
無事に売り切れてよかったですね。

 

 

於保

あれはそんなに数は
必要なかったのですが、

実は、、、発注ミスで
216個できてしまって(汗)

慌てて

「パッケージで
豪華そうに見せて売らねば」

と思って相談したんです。

松浦さんがSNSで紹介してくれて
あっという間に完売しました。

パッケージの力と言うより
松浦さんのSNSの影響力だったかも(笑)

 

 

松浦

あははは。
でも、完売して良かったです。

今はテイクアウトやデリバリーで
「箸留め用シール」
お使い頂いているのですが
その評判や感想はいかがですか?

於保

箸留め用シールは使いやすいです。
お客さんの評判もいい!

あと、子供さんが
冷蔵庫に貼ってくれたりもするんです。

糊が残りにくい
シールなので安心です(笑)

ほとんどの飲食店の
テイクアウト、デリバリーは
パッケージに力が入っていません。

でも、うちは
箸留め用シールが
包装紙の代わりをしながら
ブランドを高める効果をもたらしています。

あのシールを採用して
大成功だったと思ってます。

 

 

松浦

モヒカンらーめんの
ブランド力向上に
つながってよかったです。

ちなみに、最近では
モヒカンテイクアウトセンターが開店!

新商品「モヒカンぎょーざ」
販売が開始されましたが
売れ行きや評判は如何ですか?

 

 

於保

それまでは「ポリ袋」で売ってました。
家で食べるだけの餃子が
パッケージリニューアルで
お土産物に変身したんです。

中には、1人で3箱買ってくれる人もいます。
あるお客様にインタビューさせてもらったんです。

すると

1つは家用、
1つは友達用、
1つは保管して、後日、実家にお土産として渡す用として
買ってくれていました。

狙いは的中!


(↑ ビフォーパッケージ)

正直、ポリ袋のままだと
お土産のイメージが付かない(汗)

しかも、これを
1,000円で売るの?
みたいな(笑)

パッケージのおかげで
ぎょーざがお土産用になり、
1,000円の価値があるものにもなりました!

パッケージリニューアルは
大成功でした。

 

 

松浦

いやー、確かに。
ビフォーはなかなかの
安っぽさがありましたが(笑)

パッケージリニューアルが
狙いに的中してよかったです。

パッケージ全体を通して
お客さんの評判とか感想は?

 

 

於保

お客さんがパッケージを見て
「わー、かわいい!」
って言ってくれるんですよね。

パッケージのおかげで
お客様の財布のひもが緩んで
餃子以外に、ラーメンも買ってくれます!(笑)

 

 

松浦

パッケージ松浦と仕事してて
どんな感じでしたか?

 

 

於保

徳島と福岡で離れているので
ちょっと心配でしたけど
zoomでどうにでもなると分かりました。

それと、パケマツさんが
お客様の知りたいところとか
かゆいところを分かってくれています。

JANコードとか
成分表示とか
作り方などの表記ルールとか
知らなかったのですが、
さくさくっと誘導してくれました!

地元のパッケージ屋さんが実際に来て
打ち合わせして作っていくより、
zoomの方がスピード感がありました。

 

 

松浦

お役に立ててよかったです。
あと、於保さん。
告知とかあれば。

 

 

於保

モヒカンらーめんは
現在、福岡県内に3店舗あります。

福岡空港店でラーメン食べて
そのままレンタカーを借りて15分。

モヒカンテイクアウトセンターで
モヒカンぎょーざを
買ってくれたら嬉しいです!

近々、通販で買えるようになる予定です。

 

 

松浦

この度は於保さん!
インタビュー、ありがとうございました!

 

<本日のお店>

モヒカンらーめん
http://mohikan-ramen.co.jp/

福岡県福岡市に2店舗、
福岡県久留米市に1店舗あります!

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」を
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪

https://www.p-matsuura.co.jp/

 

 

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 12 =

ページの上部へ