顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【チリワイン「トレオン デ パレデス」もパッケージラベルだけでそのワインの歴史が分かる】
2013年11月4日

【チリワイン「トレオン デ パレデス」もパッケージラベルだけでそのワインの歴史が分かる】

【チリワイン「トレオン デ パレデス」もパッケージラベルだけでそのワインの歴史が分かる】


おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。


神戸に行った時によく行く「
ビストロ近藤亭」(http://www.asahi-net.or.jp/~pp6r-ys/kobe/rest/kondotei/mein.htm)でのお話です。



チリワイン
「トレオン デ パレデス」


ソムリエの「ありさん」がワインを持ってきてくれた時に、
ラベルとネーミングのことについて語ってくれました。


「お待たせしました。トレオン デ パレデスです。
パレデスというのは苗字です。
パレデスさんがつくったということです。
トレオンというのは塔のことです。
従って“パレデスさんの塔”という名前になります。
ラベルには塔が印刷されています。
ぶどう畑をこの塔で見守っているのです。
この塔はもともと修道院でして、・・・うんぬん。
その修道院もその昔、戦争の時は、・・・うんぬん」



※うんぬんのところは長すぎて忘れました(笑)

こんな風に教えてくれました。
いやー、面白い!
ラベルパッケージだけでここまで語れるんですね!

お客さんと語れるだけのストーリーを
パッケージに込めることもパッケージマーケティング®において重要です!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 1 =

ページの上部へ