顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > パッケージリニューアルで 他社との違いを伝える、創る 売上が上がる
2021年12月7日

パッケージリニューアルで 他社との違いを伝える、創る 売上が上がる

「競合他社商品と
あなたの商品との違いを
明確に説明してください」

と言われて
なかなか「すっ」と
答えられる人は少ないのでは?

ここで「スパっ」と言える!
更に「違いを創る」ことができたら!

日本農産の
「甘熟れんこん」は
パッケージで伝えます!

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

パッケージリニューアルで
他社との違いを伝える、創る
売上が上がる

で、行ってみよーーー!

 

 

2021年12月2日(木)
徳島新聞に折り込まれた
「Salala」(さらら)に

日本農産株式会社さんが
大きく取り上げられておりました!
おめでとうございます!

2020年12月に
「齋藤農園」から
「日本農産」と名を変え法人化!

社長の齋藤瑛(ひかる)さんは
とっても頑張っておられる
れんこん生産者です!

 

 

こちらの日本農産の掲載ページに
大きくパッケージも紹介されています。


実はこのパッケージで
他社との違いを
きっちり伝え、創っているのです。

 

 

この場合の「他社」というのは
「他県生産地」ということになるのですが

茨木とか佐賀のレンコンとは
生産の仕方が違うんです。

普通の方は、胸まで
あるような長靴を履いて
ホースの水圧で
れんこんを採るイメージがあると思います。

 

 

ところが、、、
徳島のレンコンは違う!


こんな感じで
粘土質の畑から
掘り出すんです!

まわりの圧力とかが違うので
徳島のレンコンは
・甘く
・歯ごたえがある
という違うが生まれるのです。

だから


徳島県産 甘熟れんこん
歯ごたえ一番!

ってことを
パッケージで伝えています。

 

 

これだけで違いが伝わるのですが
更に、斎藤瑛さんは
「違いを創り」にかかりました。

通常、レンコンパッケージは
350~400g程度が多いのですが


日本農産のパッケージは
入り数が250g程度になってます。

そう!
使い切りサイズのパッケージなんです。

 

 


これによって、明らかに
店頭で小さいことが伝わるので

「あら、小さくて便利ね」
とお客様に伝わるんですね。

 

 

こちらの日本農産のレンコン!
関西方面に出荷されているのですが
徳島でも手に入るようになりました!

それが「移動販売」です。

奥様である斎藤亜希さんが
「徳島の方にもお届けできるように」
と、移動販売を開始したんです。

 

 

「さらら」にもそのことが
しっかりと書かれていて

鳴門市から、美馬市穴吹町、
そして徳島市丈六町辺りまでの
範囲で毎月2~3回不定期で出店されます!

・・・ん?
この「丈六町」って。。。


そーーーなんです!

日本農産 丈六販売所とは
実はパッケージ松浦のことなんです(笑)

 

 


先日、斎藤亜希さんに
ご来パケ頂いたときに
急遽、開店が決まりました!


亜希さんのお友達が来てくれて
飛ぶように売れておりました。

丈六販売所のことも
紹介してくださってて
ありがとうございます。

 

 

他社との違いを
パッケージで打ち出し!

そして、パッケージによって
他社との違いを創る!

関西方面の方は
スーパーで探してみてね!

 

 

徳島の方は日本農産の
インスタグラムで
お近くに来る時をチェックしてみて!

https://www.instagram.com/oishiirencon/?hl=ja

ちなみに、人数が
5~10人でも集まれば
来てくれるかもしれないので
問いあわせてみてね!

 

 

本日のお話は

パッケージリニューアルで
他社との違いを伝える、創る
売上が上がる

でございました。

あなたの今日一日が
違いの分かる
一日でありますように!

 

<本日のお客様>

日本農産
〒772-0043
徳島県鳴門市大津町段関字大通9
TEL:088-686-2491
https://www.instagram.com/oishiirencon/?hl=ja

 

 

 

パッケージ開発に興味を
持ってくださったあなた!
採用事例をぜひご覧ください(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =

ページの上部へ