顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > ブランドも、パッケージもシェア 共に売り上げを伸ばして 成功体験を掴もう
2021年12月13日

ブランドも、パッケージもシェア 共に売り上げを伸ばして 成功体験を掴もう

モノを「所有」する時代から
「シェア」する時代へ!

どんどんと変わってきてます。

シェアハウス
シェアオフィス
カーシェア
シェア自転車。。。

そして、・・・え?

「成功体験」も
「ブランド」も
「売り上げ」も
「パッケージ」もシェア???

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

ブランドも、パッケージもシェア
共に売り上げを伸ばして
成功体験を掴もう

で、行ってみよーーー!

 

 

今年は大リーグで
大谷翔平さんが大活躍しました!

投打の二刀流が
本当に異色ですよね。

その二刀流の元祖!
ベーブ・ルースさん!

90年前の打撃映像
Twitterで話題になっております。

美しいバッティングを見せる
12秒の動画の最後に

ルー・ゲーリッグ選手に
バットを手渡しして打席を交代。

そのまま、
ルー・ゲーリック選手が
バッティングを始めます。

そうか!

あの時代は
「バットをシェア」
してたんですね。

 

 

「シェア」という考え方!

過去も現在も
そして未来においても
非常に重要な考え方!

そして、今や
「成功体験」
「ブランド」
「売り上げ」
「パッケージ」もシェアの時代へ!

 

 

株式会社REARSさんが
デリバリーが上手くいかず
売り上げが上がらず
悩んでいる飲食店のために立ち上がる!

開始したのは

ブランドシェアリング

ウーバーイーツなどの
フードデリバリアプリを使っても
売り上げがなかなか上がらない!

それで悩んでいる
飲食店の方は
ぜひ一度HPを見てほしい!
https://rears.co.jp/sharing/

 

 

松浦なりに超簡単に言うと

「売れてるデリバリーブランドを
そっくりそのままあなたにシェア」

って感じです!

REARSさんが
実績のある
ブランドデリバリーを厳選!

そのノウハウを
そのままシェアするということ。

 

 

そのいくつかのブランドの中に!
・・おおっ!

パケマツでデリバリーパッケージで
関わらせてもらった


旨手羽家さんも
エントリーされております!

うわーーー。
徳島でも食べることが
できる日は来るのかなー?

楽しみだなー。

興味がある方は
ぜひ、HPを一度見てみてね。

デリバリーブランドシェアリング
https://rears.co.jp/sharing/

 

 

本日のお話は

ブランドも、パッケージもシェア
共に売り上げを伸ばして
成功体験を掴もう

でございました。

あなたの今日一日が
幸せをシェアできる
一日でありますように。

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」を
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪

https://www.p-matsuura.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 11 =

ページの上部へ