顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > SDGs > SDGs・プラ削減パッケージ 環境も味も両立する トレードオフしない選択
2022年01月14日

SDGs・プラ削減パッケージ 環境も味も両立する トレードオフしない選択

・大の虫を生かして小の虫を殺す
・あちらを立てればこちらが立たぬ

色々な慣用句があります。

でも、それでいいの?

大の虫を生かして
小の虫も生かす!

あちらも立つし
こちらも立つ

そんな世の中を目指そうよ!

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

SDGs・プラ削減パッケージ
環境も味も両立する
トレードオフしない選択

で、行ってみよーーー!

 

 

山梨県の超有名お土産
「信玄餅」に新たな
商品が生まれ大ヒット中!

その名も
「桔梗信玄餅 極」

毎日、販売開始1時間で売り切れ!
売れすぎて、社長も社員も食べられない。
違法転売まで出てしまうくらいとのこと。

大ヒットの理由は「SDGs」!

 

 

なんと、「極」は
従来のプラスチック製容器ではなく
もなか製の容器を採用!

脱プラですねー!

 

 

しかも、今までは
容器の端に余っちゃってた
黒蜜ときな粉も全部、食べられる。

さくさくして
美味しそうですよね!

 

 

脱プラでSDGsにもなる!
もなかサクサクで美味しい!

この両立を図ってます。

さすがに、
外装フィルムと
黒蜜ボトルに
プラが残ってますが

確実なパッケージによる
脱プラ&SDGsです。

 

 

SDGsの難しいところは
「トレードオフ」の関係性が生まれること。

トレードオフってのは

大の虫を生かして小の虫を殺す
あちらを立てればこちらが立たぬ

ような感じです。

 

 

例えば
パッケージの材質!

プラを紙に変えて
材質的には脱プラになるが

食品劣化が
早くなって不味くなる。
さらに、食品ロスが発生する。

こういうことが起こるんですよ(汗)

 

 

桔梗信玄餅 極は

プラも減ってて
美味しさも増す!

両立していますねー。

すばらしー。

 

 

トレードオフの関係ができると
そこは何か歪(いびつ)な感じになって

お客さんも「うさんくさい」と思い
ヒットにはならないんですよね。

トレードオフにならない
SDGsパッケージって大切です。

 

 

パケマツでよく
お勧めしているのが
パッケージサイズの見直し!

特に、既製品パッケージを
使っている場合は必見!

オリジナルパッケージを
きっちりしたサイズで
制作することをお勧めしています。

 

 


例えば、お花キャフェ!

オリジナルパッケージを
制作するときに

220㎜だった長さを
200㎜に変更し
20㎜カットしました!

 

 

削減したプラスチック量は約9.1%!

最低ロット16,200枚で製造したので
総削減プラ重量は約2.1Kgになります。

 

 

もちろん、これによって
別に味が落ちることはないです。

単純にプラを削減して
何もトレードオフしない。

 

 

こういう
SDGsパッケージ
プラ削減パッケージは有効ですね!

あなたも、パッケージサイズの
見直しをしてみたらいいですよ!

 

 

本日の桔梗信玄餅 極のお話は
小林ゴールドエッグの
小林真作社長のブログで教えて頂きました。

あなたのSDGs的メニューや商品がヒットするたった1つの理由

ボクと違う切り口で解説あるので
ぜひぜひ、ご一読くださいませ。

 

 

本日のお話は

SDGs・プラ削減パッケージ
環境も味も両立する
トレードオフしない選択

でございました。

あなたの今日一日が
トレードオフのない
一日でありますように。

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 5 =

ページの上部へ