顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > “無添加”とは書かずに “無添加”をパッケージで表現 売上10倍アップした大学芋
2022年04月1日

“無添加”とは書かずに “無添加”をパッケージで表現 売上10倍アップした大学芋

無添加、
無農薬、
化学肥料一切不使用、、、

こういったことを
パッケージに書きたいけど
……法律的に書けない(汗)

こんな時って
どうしたらいいんでしょうか?

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

“無添加”とは書かずに
“無添加”をパッケージで表現
売上10倍アップした大学芋

で、行ってみよーーー!

 

 

 

先日開催された
E-ZO様主催オンラインセミナー
こんな質問を頂きました。

「うちの商品、無添加なんですけど
法律が厳しくて、
パッケージに書けないんです。
どうしたらいいでしょうか?」

あ、なるほど。

これって結構、
パッケージあるあるなんです。

 

 

例えば、あなたの田んぼでは
「無農薬」で
お米を作ってたとします。

パッケージに「無農薬」と書こうとしたら
実はダメだった。。。

それは、

「あなたの田んぼは
無農薬かも知れないけど
隣りの田んぼは農薬使ってますよね。

その農薬がほんの少し、
風で流れてきて
ほんの少し農薬がかかっている
可能性がありますよね」

なんて感じで書けないんです(汗)

※「無農薬」「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」 の表示は表示禁止事項とされ、これらの語は使用できないこととなっております。
農薬を使用していない農産物には「農薬:栽培期間中不使用」と、節減対象農薬を使用していない農産物には「節減対象農薬:栽培期間中不使用」と表示し、
節減対象農薬を節減した農産物には「節減対象農薬:当地比○割減」又は「節減対象農薬:○ ○地域比○割減」と節減割合を表示しなければなりません。
一括表示欄において上記6の内容が確実に表示されている場合には、一括表示欄の枠外において、これらガイドラインにおいて示されている表示を強調するほか、
「農薬未使用」、「農薬無散布」「農薬を使ってません」「農薬節減」「農薬節約栽培」といった消費者に誤解を与えず、
特別な栽培方法を正確に消費者に伝えることができる内容の表示を行うこともできます。
特別栽培農産物に係る表示ガイドラインQ&A Q6より引用)

 

「無添加」も同様です。

食品添加物の不使用表示に関するガイドライン(2022.03.30)3. )

 

うーーーーん。
こんな時はどうしましょう?

そうだ!
こんな方法がありますよ!

そこで紹介したのが
ふじやさんの大学芋です。

 

 

この商品も“無添加”が
一番の強み!

でも、“無添加”と書けない(汗)

そこでどうしたかと言うと
こちらです!

 

 


全日本 ホクホク党 大学いも

なんと!

一括表示をパッケージ前面に持ってきて
デカデカと書いてしまいました!

 

 


パッケージの
表を見ても裏を見ても

どこにも“無添加”とは
書いていないんです。

 

 

ただただ、原材料が

さつま芋(鳴門金時)、
てんさい糖、植物油、
和三盆糖、ごま

の5種類しか使っていないことを
パッケージで訴えたんです。

 

 

このことで
“無添加”が伝わり大ヒット!

 

 

関西方面の生協さんや
徳島の“かたに商店”などで販売され


パッケージリニューアルで
10倍売れるようになりました!

“無添加”を欲しがっている
お客様に伝わって嬉しいなー。

あ!
“無添加”とは
一言も書いてないんですけどね(笑)

 

 

本日のお話は

“無添加”とは書かずに
“無添加”をパッケージで表現
売上10倍アップした大学芋

でございました!

あなたの今日一日が
あなたの強みの伝わる
一日でありますように!

 

 

<ふじやグループ>
https://www.fujiyanet.co.jp/
株式会社 ふじや
〒779-3117 徳島市国府町日開字東456-2
電話番号:088-642-0050

<かたに商店>
https://www.fujiyanet.co.jp/katani

12店舗あるので
お近くの店舗をチェックしてみてね(^^♪

取り扱ってる店舗と
そうでない店舗があります。

 

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 1 =

ページの上部へ