顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 営業しないとうふ屋 パッケージは広告宣伝 価格競争、過剰労働からの脱却
2022年05月30日

営業しないとうふ屋 パッケージは広告宣伝 価格競争、過剰労働からの脱却

適正価格で販売したいけど
安売り競争に巻き込まれる。。。

GWや正月やお盆は休みたいけど
納品先が営業してるから休めない。。。

なんて状況から
脱出したいとは思いませんか?

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

営業しないとうふ屋
パッケージは広告宣伝
価格競争、過剰労働からの脱却

で、いってみよーーー!

 

鳥取代表 平尾とうふ店の
平尾隆久社長とzoomでお話しました!

 

 

いやー、実はですね。
GWにボクは鳥取に行ってたんです。

その時に
「平尾さん、お店に行きます!」
と連絡したら

「すみません。GWはお店休みなんです」

と返信がありました。

「じゃあ、せめて
平尾とうふを買って帰ります!
どこの売店に行けば買えますか?」

と聞くと

「すみません。
製造もしてないので
どこの売店にも売ってないです」

とお返事がありました。

ボクはこの返事を聞いたときに
「すばらしい経営をされているな」
と思ったんです。

 

一般的に、売店に
豆腐を卸している
豆腐屋さんだったら

●連休中にもお店は開いている

のが常識だし
例え、お店が閉まっていても

●売店が営業しているので
製造だけはしている

のが常識です。

 

 

でも、平尾とうふ店さんは
お店も休んでるし、
製造もしてない。

これって、どういうこと?

そう不思議に思って
zoomさせてもらったんです。

 

 

そして、質問しました。

「どうして、平尾とうふ店は
GWに休めるのですか?」

すると、平尾さんは
このように答えてくれました。

「営業しない」

あ~、なるほどー。

端的に言ってくださいましたが
これは深い、深いですよ!

 

 

売店から

「平尾とうふ店さん、
うちで販売させてください」

と声をかけてくるのを
待っているんです。

 

もちろん!
そのためには努力が必要です。

素晴らしい豆腐を製造して
お客様に喜んでもらっていないと
売店からは声をかけてくれない。

そのため、鳥取を
代表するような豆腐を作る。

 

 

品評会などにも出展して
2018年の中国四国豆腐品評会では
総合「金賞」(1位)を受賞しています!

声をかけてもらう努力を
相当行ってます。

 

そして、声をかけて貰った時に
最初にお伝えするとのこと。

「価格は適正な価格を
守って販売してくださいね」

「社員さんを大切にしたいので
長期連休の時は納品できません」

「その日の都合で
希望の数を納品できない場合もあります」

最初にちゃんと伝えておくことで
売店も納得してくれるんですよね。

 

 

そして、平尾とうふ店さんは
売店や顧客の期待に応える
旨い豆腐を製造し続ける!

だから成り立つ関係!

納得です。

「営業しない」

とサラッと言いますが
これは相当な努力をされています。

 

 

「鳥取代表」

とパッケージで謳っている以上
その品質を常に保っているわけですから。

 

 

また、平尾さんは
嬉しいことも言ってくれました。

「パッケージに力を入れることで
パッケージが広告宣伝してくれる」

そんな風に言ってくださり
本当に嬉しいです!

平尾さん、貴重な教えを
ありがとうございます。

 

 

本日のお話は

営業しないとうふ屋
パッケージは広告宣伝
価格競争、過剰労働からの脱却

でございました。

あなたの今日一日が
「あなたから買わせてください」
と言っていただけるような
一日でありますように!

 

 

鳥取代表、平尾とうふ店さんの
お豆腐は通販で
全国どこでもお買い求めできますよ!

凛が湯葉を食べて
「とろけるぅ~」
と言ってました。

ぜひ、あなたもそんな体験を!
平尾とうふセット
https://shop.hiraotoufu.com/items/20984325

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =

ページの上部へ