顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージ松浦ネタ > 【株式会社パッケージの新型コロナウイルス感染症対応について】~SDGsは「発信型三方よし」の精神の元~
2020年08月20日

【株式会社パッケージの新型コロナウイルス感染症対応について】~SDGsは「発信型三方よし」の精神の元~

「あの~、私、ひょっとしたらコロナかも知れないんですけど」

こんなことを社員さんやご家族から言われたらどうします?

そして、実際にPCR検査で陽性が出たなら???

非常事態に慌てないように、
パケマツでは対応マニュアルを作成し、全員で共有しました。

SDGsの目標の中にもある
「8 働きがいも経済成長も」

コロナに怯えて生産性を落とすよりも
健全にお仕事してもらうために、必要かと思いました。

SDGsは「発信型 三方よし」の考え方の元

全文公開します。
参考になれば嬉しいし、自社に無断転用してくださっても大丈夫です。

<株式会社パッケージの新型コロナウイルス感染症対応について>

代表取締役社長 松浦陽司

<「自分がコロナかもしれない」と思ったとき>

1 まず、会社に連絡の上、出社しない。もしくは早退。
2 すぐに医療機関を受診せず、徳島保健所へ電話する。
3 PCR検査が必要な場合、すぐに受けてください。費用は全額会社負担します。

<社員が罹患した場合>
【個人】
1 新型コロナウイルス感染症と診断された社員は、「自宅待機」。
2 自宅待機の期間
自宅待機の期間は、「治癒した後、陰性判定後14日間経過」となります。回復後に出勤する際には、出勤に支障がないことを証明する医療機関の診断書等を会社へ提出してください。
3 自宅待機期間は、全員有給休暇扱いとします。
4 罹患した場合の報告について
新型コロナウイルス感染症に罹患した場合には、必要に応じて感染の拡大を防止するための措置を講じる必要があることから、出勤せず、電話やメッセンジャーなどで次に掲げる事項について会社に報告してください。
①診断日 ②受診した医療機関 ③現在の状況 ④発熱及び咳などの呼吸器症状が現れた日 ⑤症状が現れた日以降における当社の社員との接触の状況 ⑥今後の見通し等に係る医師等の所見
5 その他
・濃厚接触者となった可能性がある場合、会社が認めるまで自宅待機。(最大14日間)
・家族(同居人)が感染した場合は、会社が認めるまで自宅待機。(最大14日間)
・その他友人や知人が感染したことが判明し、濃厚接触していたと判明した場合も会社が認めるまで自宅待機。(最大14日間)

【濃厚接触者とは】
・患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内など)があった者
・適切な感染防護なしに患者を診察、看護、もしくは介護していた者
・患者の気道分泌物もしくは体液などの汚染物質に直接触れた可能性が高い者
・その他:手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、患者と 15分以上の接触があった者
6 その他の予防策
・県外の出張は不要不急の場合を除き、原則禁止とする。⇒zoom面談を活用して下さい。
・四国外訪問客(会社へのお客様受入)も極力控える。⇒zoom面談を活用して下さい。
・会社主催のリアルイベントはコロナ禍では行わない。
・公私とも、公共交通機関(バス、汽車、フェリーなど)の使用も、極力控える。
・プライベートでも、イベント、コンサートなどへの参加は、極力控える。

【会社の対応】
1 会社を一旦、当日は営業をストップさせ、消毒を行う。
→消毒依頼先 ××会社
2 県や市からの情報公開要請については、隠すことなく積極的に行う。
3 顧客、ビジネスパートナーからも、情報提供を求められたら、隠すことなく積極的に行う。

※責任者
社長以外が罹患の場合、社長が責任者兼実行者。
社長が罹患の場合、専務が責任者、小松、桑原、原田が実行者として補佐。

以上、コロナ禍は、会社が認める期間まで、このような対策をとっていきます。

感染者がパッケージ松浦から出ないことが一番です。
引き続き、注意して生活していきましょう。

以上が全文でした。


これは会長誕生日の時に撮影した画像。
この笑顔を守らなくっちゃね!

カテゴリー | パッケージ松浦ネタ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + 14 =

ページの上部へ