顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > お客様ご紹介 > 【価値観を変えて、価格感を上げよう】~小林ゴールドエッグ 小林真作氏のお話~
2019年06月28日

【価値観を変えて、価格感を上げよう】~小林ゴールドエッグ 小林真作氏のお話~

<もうこの世の中には発明されるものはないのか?>

 

「今や発明できるものは、全て発明されてしまいました。特許庁は廃止すべきです」
そんな風にコメントしたのは、アメリカ特許庁長官!

要するに「もう発明するモノはないんだ」というコメントですね。
興味深いです。
確かに、今の世の中で、全ての発明はなされているのかも知れないですね。

ところで、その言葉って、いつ言ったの?
・・・え?
1899年???

ライト兄弟が飛行機を飛ばす
4年前も前の話じゃないっすか(笑)

あ、おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

 

<アイディアの尽きる世の中は来るのか?>

 

「もう、思いつかないんじゃないか?」
「これ以上、いい案なんて無いんじゃ」
って思うことがあります。
だって、飽和状態の世の中ですから。

でも、小林さんは語ります。
「終わりと思った時が始まり」

日本の2018年の特許出願は32万件だったそうです。
・・・え?
一日で、870件以上の申請があるの?
世の中には、アイディアが集まりまくってますよね!!

 

結論!

「アイディアが尽きることなんてない!」

 

<2019年6月23日(日)全国豆腐品評会~中国四国地区大会~小林ゴールドエッグ 小林真作氏講演>

 

この話は小林さんから聞きました。
あ、マツコの知らない世界に、先日でてましたね!

この日の講演テーマが
「コストを下げて満足度を上げる当社の取り組み」

普通、コストを下げたら、
顧客満足度は下がりますよね!
その業界の常識に「待った」をかけるのが小林氏です!

例えば「たまご」

普通に売ったら、
1パック200円くらいでしょうか?
たまに、100円ちょい。
特売では昔、「1パック1円」なんてのもありました。

小林さんは幼少のころ
「やーい、1円のモンを売ってるんだな、お前の親父の会社は」
そう言われるのが、心の底から屈辱だったそうです。

 

<卵に付加価値を付ける>

 

小林さんは気づきます。

「1円で売るから!1円の価値しか生まないんだ!」

 

「たまごは殻に1万個穴が開いてる」
この穴を利用して、「香りづけ卵」として売り出したら?

例えばですけど、
鰹節と一緒に1~2日パックした卵は
とってもいい香りがするそうです。
それで、利益率アップですね。

ちなみに、鰹節はもちろん別の料理に使えます。
たまごは、「鰹節香り」で付加価値が高まってます。

ほら!
コスト自体は特にかかってません!
でも、価値が高まりまくってますね!

 

<発想の転換>

 

「美味しさ」を売るタマゴ。
でも、そこから「香り」に変えました!
すごい!
小林真作社長!

パッケージ松浦でも、この発想の転換は学ぶべきポイントです!
本当にありがとうございました!!!

PS
小林さんは人生、かなり迷走したそうですが(笑)
迷走したことで、たまご業界以外の視点を持って、たまごに新しい価値を作っていったそうです。
なるほどねー。

カテゴリー | お客様ご紹介

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 5 =

ページの上部へ