顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > セミナー予定・報告 > <ブログを更新することが目的になっちゃって、書くのがしんどい方へ>
2019年05月14日

<ブログを更新することが目的になっちゃって、書くのがしんどい方へ>

「ブログは毎日、更新しなきゃいけないの?」
「SNSで顔出ししたくないんだけど、出した方がいいの?」
「お客さんの機密保持があるのでうかつに書けない」
なんて、悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

そんな悩みとは今日でおさらば!
まっすー(増澤美沙緒さん)&まっつー(ボク松浦陽司)
コラボセミナーの質疑応答編です!

<質問1>
「ブログを更新することが目的になっちゃって、書くのがしんどい」

まっすー応答
「身近な人の反応を見ながら、ああ、こういう記事は喜ばれるなということを考えてみながら、投稿を楽しんではいかがですか?“お役に立ちたい”が原動力になるから」

まっつー応答
「歯磨きみたいに、“しないと気持ち悪い“という習慣になれば」

<質問2>
「取引先の関係で機密事項が多く、ブログで紹介できないことが多い」

まっすー応答
「仕事への想いはどんどん出してOKですよね!この商品に込めた想い、ストーリーなどをどんどん発信
していけばいいと思います」

ここでボクがちょっと会場にマイクを振りました。
西精工の佐野亘さんがご参加くださっていたんです。

西精工さんも非常に機密事項度の高い他の会社!
お客さんのことなど書けるわけがありません。
でも、佐野亘さんは長年に渡ってブログを書いている。

佐野さんは明確に言われました。
「現在社員さんと、未来社員さんに向けて、社内報的に書いてます」と。

なるほどなー、
だから、内容は社員さんが楽しそうな様子!
読んでくれる顧客は誰か?
これがめっちゃ定まってるから、内容も決まってくる!

それもとっても重要ですよね。
お客様のことは書けなくても、ブログは書けるわけです。
(西精工さんのブログ)

<質問3>
「どうしても顔出しは恥ずかしい。顔出しせずに、顧客を増やす方法は?」

まっすー応答
「どんな人が、施術など対応してくれるのか?それが見えないと、お客さんは恐いと思いますよ。“自分が顔出ししたくない”で考えるのではなく、“お客さんが顔を見たいと思っているか”で考えてみてはいかがですか?」

これについては、ボクも大賛成で、
視点を「自分」にするか「顧客」にするかで、
行動がまったく変わりますよね!

本当にたくさんの人が来てくれた
まっすー&まっつーブログセミナー!

盛り上がった様子は
いろいろな人がブログに書いてくれました!

 

ぜひ、併せてお読みください!
みなさん、ホントにありがとうございます!!!

 

まっすー&まっつーコラボセミナーの様子まとめ

第一部 まっすー(増澤美沙緒さん)のパート
<「こんなはずじゃなかった」というミスマッチをなくす方法>

第二部 まっつー(松浦陽司)のパート
<企業の情報が圧倒的にお客さんに伝わる1つの取り組み>

第三部 まっすー&まっつー質疑応答の様子
<ブログを更新することが目的になっちゃって、書くのがしんどい方へ>

カテゴリー | セミナー予定・報告

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 1 =

ページの上部へ