顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティングの動画解説 > 『豊田商店の干物はとっても紳士!蝶ネク鯛でお出かけ(笑) パッケージ動画解説』
2015年05月9日

『豊田商店の干物はとっても紳士!蝶ネク鯛でお出かけ(笑) パッケージ動画解説』

『豊田商店の干物はとっても紳士!蝶ネク鯛でお出かけ(笑) パッケージ動画解説』


パッケージマーケティング動画解説


豊田商店の豊田ハナ子社長に聞きました!
松浦「今の季節、どんな干物が美味しいですか?」
豊田「今なら鳴門鯛の干物ですね!」

そう、その旬の鳴門鯛の干物が
蝶ネクタイをして、みなさんを待ってます(笑)


蝶ネクタイ型のシールをつけてるんですね!
凛々しい!
まさに、蝶ネク鯛( 笑 )


以前は無地の袋に入れていたのですが、
それでは、せっかくのこだわりである
「天日干手造り」であることや、
「鳴門産 鳴門鯛」であることが伝わりません。

本当にその日捕れた魚だけを開いて、
豊田商店の屋上で、天日で干しているんです。
だから、美味しいんです!

干物の調味液に漬けられ、
工場の扇風機で乾燥させられた干物とは全くの別物!

そんな手塩をかけて育てた、息子のような商品!
「お客様の手元に、一張羅の服を着せてあげたい」
そんな、豊田ハナ子社長や、渡辺英子(よしこ)さんの思いから、
この蝶ネクタイ形のシールができあがりました!
どんな舞台に出しても恥ずかしくない正装ですね( 笑 )

もちろん、鳴門産 鳴門鯛以外にも、
鳴門産スズキ
鳴門産サバ
鳴門産ひめち
鳴門産ぼうぜ
鳴門産あじ
鳴門産たちうお
鳴門産かます
鳴門産いわし
鳴門産あおりいか
鳴門産はりいか

このような種類がございます!
もちろん、全て「鳴門産」で「天日干」!

ぜひぜひ、皆様も一度、ご賞味くださいね~!

有限会社 豊田商店


〒772-0053
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字高砂203-2
Email:info@toyota-web.com
TEL:088-687-0856
FAX:088-687-0265
営業時間 7:00~20:00


パッケージマーケティング動画解説

https://youtu.be/_jXkehxaCw8

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − nine =

ページの上部へ