顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【気持ちを包む、思いを結ぶ、日本の美しい思いを込める「風呂敷」というパッケージ】
2015年10月9日

【気持ちを包む、思いを結ぶ、日本の美しい思いを込める「風呂敷」というパッケージ】

【気持ちを包む、思いを結ぶ、日本の美しい思いを込める「風呂敷」というパッケージ】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は風呂敷の話をしたので、今日もその続きです。

奈良時代からあるというパッケージの原点「風呂敷」。
気持ちを「包む」、思いを「結ぶ」という形です

実はこの「結ぶ」には深い意味も込められています。

「苔がむす」というように、「むす」には「生まれる」という意味があるんです。
そして「結ぶ」は、この「むす」が派生して生まれた言葉なんです。

つまり、二つの異なるものが出会い、生まれる命を表しています。

例えば、子供はお父さんとお母さんが出会って、生まれますよね。
その子供を
息子=むすこ
娘=むすめ  と言います。
両方とも「むす」が付いています。
偶然じゃないんですね。

この「結ぶ」=「むす」という言葉は本当に日本で大切にされてきました。
「結ぶ」という行為は、まさに「命を吹き込む」行為なんです!

風呂敷に包むというkとは、
大切な人への贈り物に、贈り手の思いを込めることだったんですね。

現代では風呂敷は一般的ではなくなり、パッケージがその代わりとなります。
包装紙、紙袋、ケース、シール、etc、いろいろなパッケージがあります。

形は変わっても、パッケージに込められた思いは同じです。
大切な人への贈り物に、商品とパッケージで新しい価値を生み出し、思いを届ける訳ですね~

img56397683

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × five =

ページの上部へ