顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「何を売るか」よりも「誰に売るか」「どこで売るか」が大切。どこでも売れるパッケージは存在しない!】
2015年11月1日

【「何を売るか」よりも「誰に売るか」「どこで売るか」が大切。どこでも売れるパッケージは存在しない!】

【「何を売るか」よりも「誰に売るか」「どこで売るか」が大切。どこでも売れるパッケージは存在しない!】

こんにちは。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

よくある話ですが、私がこんなふうに尋ねるとします。
「どこで売りたいですか?」

そして、よくある回答がこちら!
「そりゃもう、スーパーでも、百貨店でも、お土産物屋さんでも、どこでも売れるようにしたい!」

うーん、気持ちはわかりますが、それは無理なんです。

だってそれぞれ「買いに来る」目的が違います。

スーパーには、今夜のオカズを買いに来ますよね。
百貨店では、贈答品を買いに来ますよね。
お土産物屋さんには、お土産物を買いに来ますよね。

・・・ね。
なんとなく伝わって来ましたか?

同じ果物でも、
スーパーでは裸!
百貨店ではケース入り。
お土産物屋さんでは袋入り。

パッケージの様相まで変わります。

ちなみに、徳島の、よろず支援拠点サブコーディネーターであり、
とくとくターミナル内のお土産物屋「徳島県物産館」の社長である
尾崎晴祥さんはこのように語ります。

「徳島の土産物屋で売るには、徳島土産でないと売れません!
すだちとか、柚子とか、徳島名産のものでないと見向きもしない」

ちなみに売れているものを聞くと
例えば、なかのファームの「おいもまあむ」が売れているそうです!

08141606_53ec60129f8d7

bussankan_430_1

しっかりとパッケージに
「とくしま産」
「なると金時」など、徳島がアピールされていますね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + six =

ページの上部へ