顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【もう、パッケージの形ですらなく、パッケージの「ブランド体験」で認識されることも可能!】
2015年11月22日

【もう、パッケージの形ですらなく、パッケージの「ブランド体験」で認識されることも可能!】

【もう、パッケージの形ですらなく、パッケージの「ブランド体験」で認識されることも可能!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

120201_01_04
さて、まずこの画像を見て、なんだかわかりますか?

はい!ご名答!
「い・ろ・は・す」ですね。

img01

なんで分かったんですか?
だって、ネーミングも分からない。
パッケージもくしゃくしゃ。
わかる要素は一つもないはず。

これは私たちは
「い・ろ・は・すのパッケージはくしゃくしゃっと絞って捨てれる」という
ブランド体験を何度も通している。
あるいはテレビCMなどで何度も見ているからです。

い・ろ・は・すのブランドアイデンティティ(企業がお客さんに“こう思って欲しい”)は
「世界を変える 環境に優しい 日本の天然水」です。

そのために、原材料を少なくし、ペットボトルを薄くしてます。
結果、絞って捨てれるパッケージになりました。

結果、日本で一番買われるミネラルウォーターになってます。

でも、味の違いなんてないですよね!
い・ろ・は・すと他の軟水ミネラルウォーターの違いってほとんどないですよね?
コップに数種類のミネラルウォーターを入れて、飲み分けて、
「これが、い・ろ・は・す」だなんて分かる人はほとんどいないんです。

味が同じなのに、選ばれる理由。
それはパッケージが違うということです。
パッケージでブランドアイデンティティである
「世界を変える 環境に優しい 日本の天然水」を感じるからですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 15 =

ページの上部へ