顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【気をつけろ!「失敗するパッケージリニューアル」の法則とは?!】
2015年12月5日

【気をつけろ!「失敗するパッケージリニューアル」の法則とは?!】

【気をつけろ!「失敗するパッケージリニューアル」の法則とは?!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

さて、クイズです。
この中で大幅に売上を落とした「赤箱」のパッケージがあります。

kodawari_02

答えは後半で!

さて、今日は昨日の記事の続きで、
「失敗するパッケージリニューアル」の法則をお話します。

・・・が、この法則を当てはめて欲しいのは
現在、「ブランド化されていて、売れている商品」を対象にしたものです。

「ブランド化されていなくて、売れていない商品」のパッケージリニューアルについては、
昨日、書いた通り、思いっきり変えても大丈夫なので、こちらの記事を参考にしてください。
(昨日の記事 http://www.p-matsuura.co.jp/?p=10925 )

「ブランド化されていて、売れている商品」については、
「現在の商品パッケージのイメージからかけ離れたらダメ」です!

ブランド化されている商品というのは、そのパッケージを目印にお客さんは商品を買いに来ます。

img_05

例えば、牛乳石鹸「赤箱」という商品。
もうアナタもご存じですよね!

この商品の目印はやっぱりこの「赤」色なんです。
この色が、極端な話、「真っ黒パッケージ」になったらどうでしょう?

例えパッケージに「赤箱」って書いてあっても、
お客さんは見つけられなくなってしまうのです!

さてさて、牛乳石鹸は86年のロングセラー!
今までに11回のパッケージリニューアルをしています。

・・・ということは、7~8年に一度、パッケージリニューアルをしているのですが、
一個だけ!
一個だけ!
売上を大幅に落としたパッケージがあるんです!

kodawari_02

だから2年でパッケージをまたリニューアルしたら、
売上が元に戻りました。

さて、そのパケージは何番目のパッケージでしょうか???
・・・わかりましたか!?

はい!
5番目のパッケージです!
なんとなく、色がピンク色でしょう?

1973年にオイルショックがあり、
「ちょっと明るいイメージにしよう」ということで、
従来の「牛乳レッド」と呼ばれる金赤から、ちょっとピンク色にしたんです。

これだけで、これだけで、
ブランドイメージから外れてしまったんです。
「現在の商品パッケージのイメージからかけ離れたらダメ」というのは、こういうことなんですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × four =

ページの上部へ