顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【消費の単位はもはや「ml」や「グラム」や「おおさじ○杯」ではなく、便利さを追求した「ぷちっと」なのかも知れない】
2015年12月14日

【消費の単位はもはや「ml」や「グラム」や「おおさじ○杯」ではなく、便利さを追求した「ぷちっと」なのかも知れない】

【消費の単位はもはや「ml」や「グラム」や「おおさじ○杯」ではなく、便利さを追求した「ぷちっと」なのかも知れない】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

ご存知ですか?
主婦の嫌いな家事ランキングの堂々第一位は「食後の片付け」なんです!
(※もちろん、諸説あります)

つまり、洗い物を作りたくないんです!
大さじ2杯、・・・とか言われると大さじを洗わないといけない。
みりん50ml、・・・とか言われると計量カップを洗わないといけない。

こういった「洗い物」をできるだけ減らすことが求められています。
そこでパッケージの役割はとっても大きいのです。

例えばこれ!
「ぷちっと鍋」

91v5lRsC1aL._SX466_

「いちぷちっと一人前」というキャッチコピーで、
そのままの意味あい。

この一つのポーションカップを開けることで、
一人前の鍋ができあがるのです。

bcbe2af8e4b1aca9fb632e1ce1217d13

便利なのは洗い物ということだけではなく、
2人なら2ぷちっと。
3人なら3ぷちっとと、計量しなくてもいいのが便利ですね

しかも、単身生活(一人暮らし)の割合も30%を超えているそうで、
昔のような「お鍋は大人数でわいわい」という雰囲気も薄れております。
お鍋も「一人で楽しむもの」になっていますね。

こういった「主婦の不」の部分に焦点を当てたパッケージマーケティングも素晴らしいですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 12 =

ページの上部へ