顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ちょっと待って!パッケージ開発は「自社目線」はNG!ちゃんと「お客様目線」でパッケージ開発しましょう!】
2016年01月4日

【ちょっと待って!パッケージ開発は「自社目線」はNG!ちゃんと「お客様目線」でパッケージ開発しましょう!】

【ちょっと待って!パッケージ開発は「自社目線」はNG!ちゃんと「お客様目線」でパッケージ開発しましょう!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

パッケージ屋さんにパッケージ開発を頼むときの「あるある話」があります。
それは、そのパッケージ屋さんにとって「都合のよいパッケージ提案」がされることです。

化粧箱メーカーに頼んだら、化粧箱だけの提案。
ラミネート袋メーカーに頼んだら、ラミネート袋だけの提案。
取扱量の多いビンの提案。
粗利益率の高いパックの提案などです。

パッケージを依頼する側も、
「ふーん、まあ、こんなもんか」
「組み立てやすいし」とかで決定してしまいます。

「お客さんが喜ぶこと基準」でなく、
「自分の効率基準」ですね。

でも、本来はこれじゃいけません。
「パッケージマーケティング」は
「パッケージを使った売上が上がり続ける仕組みづくり」に繋がってないといけないのです。

これは当社の事例ではありませんが、素晴らしいなと思う事例があります。
八米(Hachibei niigata agano)(新潟)のはちみつのパッケージです。

GIFT_TOP

ミツバチの巣の断面となる六角形のビンに箱!
この箱、たぶん組み立てにくいですよ(笑)
でも、重ねた時に、蜂の巣を想像するハニカム構造になってます。

11821222_1597490627183189_1409740463_n

この中身商品(はちみつ)と、パッケージ(ハニカム構造)がバッチリイメージにあって、
処品品質の信頼性を高めることに成功しているそうです。

ぜひ、パッケージ開発に関わるときは
相談する相手も、自社も、「自社目線」ではなく「お客さま」視点で臨みましょうね!

★★★★イベントのお知らせ★★★★

<2016年1月14日(木)>
「まっすー&まっつー」の「POP&パッケージセミナー」
詳しくはこちら!
http://ur0.xyz/q9Fo
massu-tirashi

2016年2月26日(金)
「モノ」を売るな!「体験」を売れ!
~徳島上陸!エクスペリエンス・マーケティングセミナー!~
詳しくはこちら!
http://ur0.xyz/q9Fr
エクスマチラシ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =

ページの上部へ