顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【あれ?これって、いちごみるくキャンディではないの?意外なパッケージと商品の組合せ】
2016年01月8日

【あれ?これって、いちごみるくキャンディではないの?意外なパッケージと商品の組合せ】

【あれ?これって、いちごみるくキャンディではないの?意外なパッケージと商品の組合せ】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

この間、仏壇仏具屋さんに行ってびっくりしました。
「なんで、こんなところに飴ちゃんが売っているんだ?!」

71679740

売っているのは「いちごみるく」です。
でも、・・・近づいてよく見てみると・・・、おや?
これは「線香」じゃないか!

71679740_o1

そうなんです。
普段は地味なイメージのある線香ですが、
こうやってパッケージを誰でも知っている「いちごみるく」に変えると、
イメージが一変しますね。

仏壇仏具というイメージでは子供は興味を持ってくれません。
こんなパッケージなら子供も興味を持ってくれて、
そこからご先祖様のことを考えるようになるかも知れません。

他にもいろいろとあるんですよ。

sakuma02

サクマドロップがあったり(笑)

9c194cab

ボンタンアメがあったり(笑)

img60120437

な、な、なんと!
ミルキーのペコちゃんまで(笑)!

他にもいろいろとあるようです。
よかったら調べてみてくださいね。

中身は「線香」でも「パッケージ」を変えることで
まったくイメージが変わりますね。
買う人との層も変わります。

今日の場合は極端な事例ではありますが、
例えば、いつも販売している商品を
「バレンタインの時期はパッケージを変えようか?」
「道の駅のイベントに出るときはちょっと工夫しようか?」
なんて考えることを教えてくれますね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + fourteen =

ページの上部へ