顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【恐るべき「値引きスパイラル」の恐怖!どんなに値引きをしてもお客さんに不満足が高まる仕組みとは?!それよりも楽しみましょう!】
2016年01月15日

【恐るべき「値引きスパイラル」の恐怖!どんなに値引きをしてもお客さんに不満足が高まる仕組みとは?!それよりも楽しみましょう!】

【恐るべき「値引きスパイラル」の恐怖!どんなに値引きをしてもお客さんに不満足が高まる仕組みとは?!それよりも楽しみましょう!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

アナタの値引きは誰か喜んでますか?
企業にとっては1%の経常利益を出すのは決死のこと。
だから「1%値引き」でも本来はすごいことのはずです。

でも、お客さんの立場になって考えるとわかります。
「いやー。常連の鈴木さん、あなただけに特別です!
この1個100円の大福、もう本当に特別!
99円にしてあげるよ!」

こんなことを言って、鈴木さんは喜びますかね??
「いや、別に100円払うし。
そんなに恩着せがましく言われると不愉快だ」
こんな風になりませんか?

値引きしたのに、値引き率が低いと、顧客満足の低下を起こす恐るべき事態です!
この値引きはエスカレートします。
5%の値引きでも。
10%の値引きでも。
20%の値引きでも。
お客さんは満足しなくなるんです。

恐るべき、値引きスパイラルの恐怖!!!
値引きって怖いですね。

さて、こちらの商品は「養老軒 ふるーつ大福」
大福についている台紙に注目!

blog_import_5552d91d20f22

普通の台紙にはキャラクターである「小福ちゃん」が
両目ぱっちりの状態で印刷されております。

しかし、何個かに1個、
ウインクした小福ちゃんが存在しているのです!

blog_import_5552d91f496bb

ウインクした小福ちゃんを当てると、
ふるーつ大福がもう1個貰えるんですね。

これって嬉しいですね!
お客さんも「やったー!」ってなりますね。

でもちょっと考えてみてください。
仮に100個に1個当たりがあるとしたら、
値引き率は1%です。
たったの1%です。

でも、お客さん満足は高まるんですよ!
どうせ値引きするなら、こんなふうに自分も楽しんで、
お客さんも楽しめる仕掛けを考えたほうが、お互いに楽しいですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − thirteen =

ページの上部へ