顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【リカオーさんで「松浦史上初めての理由」で破談した商談の話】
2016年02月6日

【リカオーさんで「松浦史上初めての理由」で破談した商談の話】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

本日は四国代表になるために、高知へ向かう松浦陽司です!
何の四国代表かはまた後日。。。

さて、本日の話は私の実体験!
2012年の年末の出来事。

リカオーさん(http://www.ricaoh.co.jp/)で年末の福袋の商談が
破談してしまったというお話。
私自身、本当に勉強になりました。

de15fa8c
もともと、既製品の袋を使っていました。
その袋の何点がこちら!

1)小さいので入りきらない
2)重量物が多いので破れる

うわー。
パッケージとしては致命的です。

そこでパッケージ松浦に相談がありました。
袋を別注サイズ、紙の厚みを上げて
1)入り切るようにしよう
2)破れないようにしよう

この提案でスムーズに進んでおりました。
・・・・が、現場からの反対で中止になったのです。

これは一体、どういうことなのか?
私は疑問で、確認しました。

そう、それはお客さんの声だったんです。

1)入りきらないくらい商品を入れてくれたんだ!
2)袋が破れるくらいにたくさん商品を詰めてくれているんだ!

福袋を買いに来る人は「夢」や「お得感」を買いに来るんですね。
パッケージは入りきっていなくても、破れていてもいいんです。

ダウンロード - コピー
エクスペリエンス・マーケティングで考えると
「お客さんは商品は欲しくない」
「価値・体験が欲しい」ということなんですね。

リカオーさんの福袋に、お客さんは「夢」や「お得感」を求めていたのです。
実際には結局、破れた紙袋に、ビニール袋で補強するということで採用になったのですね!

私もこの一件で大変勉強させて頂きました!
リカオーさん(http://www.ricaoh.co.jp/)、有り難うございます!
「松浦史上初めての理由」で破談した商談の話でした。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 17 =

ページの上部へ