顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【売れない商品があるなら、パッケージもネーミングも思い切って変えてしまえばいい】
2016年02月7日

【売れない商品があるなら、パッケージもネーミングも思い切って変えてしまえばいい】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は四国代表になれませんでした。
この話は後日。。。

さて、私はこう思います。
「売れない商品があるなら、パッケージもネーミングも思い切って変えてしまえばいい」

なぜなら、もともと「売れてないから」です(笑)
お客さんにとって、その商品は「存在しないのと同じ」なんです。

売り手の人が、
どんなにその商品に思い入れがあっても!
どんなに自信のある商品であっても!
買い手にとっては「ないのと同じ」なんです。

例えば、
静岡県富士市に「南岳堂」という菓子店があります。

この菓子店で、イマイチ売上の上がらなかったのが「カスタードプリン」だったそうです。
でも、「カスタードプリン」を扱う店は山のようにありますし、
特徴がお客さんには全く伝わっておりません。

そこで諦めるのではなく、店主の石井さんは
「価値を丁寧に伝え直せば売れるかもしれない」と心機一転!
ネーミングとパッケージの変更に取り掛かります。

94-1
そして生まれたのが「六八ぷりん」です!
卵と牛乳の配合比6:8なので「六八ぷりん」です!

o0800060013558742138
もちろん、パッケージ、ネーミング変更だけではなく、
ディスプレイ、
POP、
看板なども工夫に工夫を重ねました。

o0800106713558741469
結果、3倍以上、売れるようになったそうです。
すごいですね!

ダウンロード (1)
だから、やっぱり
「売れない商品があるなら、パッケージもネーミングも思い切って変えてしまえばいい」
と思います。
なぜなら、お客さんにとって存在しないのと同じですからね!

114-1
本日の記事は、商業界の編集長である笹井清範さんのブログの記事を参考にさせて頂きました!
笹井さんのブログにはもっと詳しく情報が入ってます!
ぜひ、ご覧くださいね!
http://ameblo.jp/19660726/entry-12125301655.html

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + 5 =

ページの上部へ