顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージひとつで「あの人を大切にしたい」体験が全て崩れていく】
2016年02月11日

【パッケージひとつで「あの人を大切にしたい」体験が全て崩れていく】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は「半額でも選ばれないチョコ、定価でも選ばれるチョコ」の話で盛り上がりました!
http://www.p-matsuura.co.jp/?p=11863

今日はその続きを紹介させて頂きます。

アナタは大切な人へのバレンタインチョコを買いにカファレルへ。
そして、とっても可愛いパッケージの、とっても美味しいチョコレートを選びました。

cafarer_balentine_01
そして、アナタはレジに向かいます。
もう、アナタの瞼の裏には、大切なあの人が喜んでくれる顔がイメージできています。

ダウンロード (1)
さて、会計の時に、
店員さんにこんなことを言われたら、アナタはどうしますか?

6208974_LL1
「すみません、紙袋が切れていますので、パッケージセンターで買ってきたレジ袋に入れますね」
そして、無地のペラペラシャリシャリのスーパーのレジ袋を見せられるのです。

Q アナタの行動
選択肢
1)怒り狂う
2)買うのを辞める
3)しぶしぶ買う

9割以上の方は「3)しぶしぶ買う」を選ばないと思います。
きっと、「1)怒り狂う」や「2)買うのを辞める」人が多いと思います。

ダウンロード
中身のチョコもパッケージも一緒なのに、なぜでしょう?
ここでは2つのポイントがあります。

一つ目は「ブランド」です。
パッケージは9つのブランド要素のうちの大切な一つ!
そのブランド観が、レジ袋では全く伝わらないのです!
・・・いやっ!
むしろ、レジ袋に入れてしまうと、ブランドにとってはマイナスなんです。
(もちろん、カファレルさんはそんなことしません)

二つ目は「体験」です。
エクスマではよく言われています。
「モノを売るな!体験を売れ!」
そう、別にチョコレートという「モノ」自体が欲しいわけじゃないんです。
贈った人が喜んでくれる!
そんな「体験」が欲しくてチョコを選んでいるわけです。

ご存知でしょうか?
「慎ましい」の語源が「包む」であることを。
「相手を喜ばせたい」というそんな「慎ましい」気持ちを、パッケージは「包ん」でいるのです。

パッケージ一つで、ブランド観が変わり、届ける体験まで変わるなんて、大切ですよね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + nineteen =

ページの上部へ