顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「憧れの人と初デート、鏡に映る私。これ以上の進展はムリだと悟りました。」】
2016年02月12日

【「憧れの人と初デート、鏡に映る私。これ以上の進展はムリだと悟りました。」】

こんにちは!
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。
昨日は二度目のマラソン練習。
6kmくらい走って、体がバキバキです(笑)

さて、先日、まちゃ(平松泰人さん)のミラクルPOPセミナーを受けました。
(その時の様子はこちら  http://www.p-matsuura.co.jp/?p=11878
その時に紹介されていたパッケージです!
かなり衝撃的でしたので、私も紹介させて頂きます。

もし、アナタが鼻毛抜きグッズを販売しているとして、
どんな販売促進(パッケージやPOPやチラシ)を考えるでしょう?!

一般的にはこんな感じではないでしょうか?
「鼻毛抜きグッズ 1980円」

うぅーん、これは全くダメですね。
一般的に言う「プライスカード」というモノです。

商品名と価格だけでは全くお客さんに伝わりません。

次にこんな感じですかね?
「鼻毛が出てたら失礼ですよ」
「一度に鼻毛20本抜けます」

ちょっと良くなって来ました。
でもなんだか上段からの指導だったり、
スペックで語ってたりするので、
ちょっと「自分・自社の視点」の域からは抜け出てませんね。

そこで、パッケージでこんな風に語ったら心に刺さりませんか?

face_sabotenhome_01

ダウンロード (3)
「憧れの人と初デート、鏡に映る私。」
サボテンノーズワックス

・・・うわー!
なんだ~!

そのシーンを想像してしまいます。
しかも、小さい文字で、
「これ以上の進展はムリだと悟りました。」と書いてます。

もう、リアルに想像できますね。
初デート、ふと鏡を見ると、鼻毛ボウボウだった私。
完全に付き合うのはムリだ、、、と悟ったシーンです。

ここまで衝撃的ではなくても、
鼻毛でショックな体験をしたことがある方は、
目を惹かれます!心を奪われます!

そして、そのパッケージのヘッダー部分に
「実際にあった!恥ずかしい体験 第1位」とあります。
トドメですね。

お客さんは鼻毛抜きが欲しいわけじゃないんです。
初デートを成功させたいんです。
そして、その人と付き合いたいんです!

そう、モノじゃなく、体験が欲しいんですね!
エクスマの基本です!

しかも、パッケージ側面にはこんなキャッチコピーも!

[caption id="attachment_11905" align="alignnone" width="560"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]
友人が目をそらした。
気まずそうな顔が忘れられません。

ダウンロード
社運をかけたプレゼン。
相手が話に集中してくれませんでした。

いずれも有りそうな鼻毛の失敗談!
気になってしかたないです!

思わず、私はAmazonで注文してしまいました(笑)

このように、モノではなく、体験を売るパッケージ!
すてきです!

まちゃ、教えてもらってありがとうございました!!!

まちゃは美容関係を中心としたコンサルタント!
是非、ブログを見てみてね!
http://s.ameblo.jp/o-tiat/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 15 =

ページの上部へ