顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージが変わると感じる価格も変わる?!ビールと油揚げの事例】
2016年02月16日

【パッケージが変わると感じる価格も変わる?!ビールと油揚げの事例】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は「みかも」地区で、エクスマin徳島パッケージマーケティングセミナーの
プレ発表を行っていた松浦陽司です。

いろいろな気づきがありました。
それはまた後日として。

パッケージによって、値段が変わるということはよくあります。

コエドビール瑠璃 COEDO (1)
たとえば、このコエドビール!
ビンと缶とどっちが高いと思いますか??

ほとんどの人が「ビン」と答えます。
一般の方にアンケートを取ると、
平均して41円、ビンが高く見えるそうです。

でもね。
実は。
かわりないんです。

コエドビール瑠璃 COEDO (2)

コエドビール瑠璃 COEDO (3)
ビン 333ml 267円(税別)
缶 350ml 267円(税別)

まあ、ちょっとビンの容量が少ないのですが、
価格は一緒なんですね。

どうしてこんな価格と感覚の不一致が起こるのかというと、
やっぱりパッケージなんです。

こんな風な事例は他にもあります。

平尾とうふ店 鳥取代表 平尾揚げ 開発秘話 (1)

平尾とうふ店 鳥取代表 平尾揚げ 開発秘話 (13)
平尾とうふ店の油揚げも、最初は「ポリ袋+四角シール」でした。
ちょっと安っぽいですね。
そして、パッケージ松浦にご相談を頂き、このように変えました。

平尾とうふ店 平尾揚げ 平尾とうふ パッケージリニューアル (5)

平尾とうふ店 平尾揚げ 平尾とうふ パッケージリニューアル (1)
「タートルパック+鳥取型シール」です。
どうです?
先ほどよりは高く見えるでしょう!

事実、新規取引先には価格アップできているそうです。
だって、見た目が違います。パッケージが違います!

鳥取代表 平尾揚げ!
お近くの方はぜひ探してみてくださいね!

店舗名 平尾とうふ店 http://hiraotoufu.com/
住所 〒680-1243 鳥取県鳥取市河原町佐貫1206
電話番号 0858-85-2240
営業時間 9:00〜19:00
定休日 日曜・祝日(GW.お盆は営業)
担当者 平尾隆久

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + eight =

ページの上部へ