顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【富士山(ふじやま)グラスはビールを入れると美味しそうですね!このグラス、何円だと思います??】
2016年04月18日

【富士山(ふじやま)グラスはビールを入れると美味しそうですね!このグラス、何円だと思います??】

できれば毎晩、お酒を飲みたいんですよね。
そしてできれば、ちょっと特別なシチュエーションで。
でも、もちろん家に帰る日が圧倒的に多いから、
家でも何か工夫して特別なシチュエーションを楽しみたいです。

あれ?
意外ですか?
半分弱くらいは家に帰っているんですよ!

あ、おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

特別なシチュエーションって、そんなに奇抜である必要はないと思うんです。
ちょっといつもと違うグラスだったり。
ちょっといつもと違う買い物だったり。
そんなことも十分です!

ちょっとこちらのグラスをご覧ください。

fujiyama_glass_1
富士山(ふじやま)グラス

ビールを注ぐと、富士山の雪のように泡が盛り上がります。
なんだか、それだけでも特別感がしますね!

そして、こちらの商品の価格は何円だと思います?
グラスですからね。
1000円?
2000円?

ヒントは「富士山」ですね!

・・・はい!
正解です!

値段は
3776円なんです!

これもなんだか特別感を感じませんか?
「これ、何円だと思う?!実はね。。。」
なんて、酒の肴になりそうです!

FUJIYAMA_BOX_1
もちろん、それだけの価値があるので、パッケージは桐箱になりました。

実は販売前に「高すぎる」とか「もっと簡素なパッケージ」とか意見があったようです。
しかしながら、この価格、このパッケージが採用。
結果、特別感を感じるようになったんですね。

価格の設定、パッケージの設定、
これが価値を決めることがありますね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =

ページの上部へ