顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【あぁ~、このネーミング、いいと思ったんだけど、残念ながら諸事情でネーミング変更になったワカメのパッケージの話】
2016年04月23日

【あぁ~、このネーミング、いいと思ったんだけど、残念ながら諸事情でネーミング変更になったワカメのパッケージの話】

みなさん、心配事ってありますよね?
例えば
「こんなに目立つことしちゃったら誰かに注意されるんじゃ」とか
「これは業界の常識外れだし、あの人に怒られるかもしれないからやめとこう」とか。

でも、私は大抵の場合は大丈夫だと思ってます。
だって、私は芸能人でもなければ、有名人でもないですから(笑)!

あ、おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

・・・ということで、
本日は「あぁ~、本当はこのネーミングにしたかったけど、残念ながらネーミング変更」になった
わかめパッケージのお話。

まずは完成形のパッケージはこちらです!

omote
鳴門の漁師が育てた本気の生わかめ
うずしお食品

見ての通り、黄金のパッケージで非常に目を引きます!
「うずしお食品が作った本気の、嘘偽りのない、
完璧な鳴門わかめを食べて貰いたいんじゃ!」という思いを
ネーミングでも、パッケージでも、色濃く反映しました!

でも、実は、ボツになった、本当は専務も私もこっちにしたかった名前があったんです。

専務は鳴門のわかめの偽装問題については本当に怒りを持っております。
だから、けっこう、いろいろな人とぶつかったりもします。
時には組合長とも喧嘩になることもあったみたいです。

専務「やっぱりちゃんと管理せなアカンのとちゃいます?!」
組合長「まぁまぁ、後藤君、落ち着きな」
後藤「これが落ち着いてられるか!」
組合長「なにぃ~、この野郎!」

みたいな感じですね。

私はそれを聞いてピンときました!

松浦「専務、ネーミング、これで行きませんか?
“組合長を敵に回してでも作りたかった本気の鳴門わかめ”というネーミングです!」

それを聞いて、専務はノリノリだったのですが、
残念ながら社内の反対もありネーミング自体は不採用になりました(笑)

いつかどこかでこのパターンで商品開発したいなぁ~(笑)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =

ページの上部へ