顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージで“なんかいいものをもらったな”という感覚を持ってもらうことは可能なんです】
2016年04月26日

【パッケージで“なんかいいものをもらったな”という感覚を持ってもらうことは可能なんです】

ちょっと高級なで買い物をして「プレゼント用ですか?ご自分用ですか?」と聞かれると
なんとなく自分用なのに「プレゼント用です」と答えて、
プレゼント用ラッピングにしてもらうことがあります。

なんとなく、得したような気になります。
あ、おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

いやいや、私の場合、研究のためですよ(笑)

さて、和える(あえる)という会社をご存知でしょうか?
「21世紀の子どもたちに、日本の伝統をつなげたい」という想いで誕生した
「0歳~6歳の伝統ブランドaeru」として誕生しました。

和える(あえる)
https://a-eru.co.jp/
メディアなどでも取り上げられ、たいへん成長されている企業なんです!

とっても気持ちを素材も大切にされる企業なんですが、
和える(あえる)の矢島里佳さんが講演で話していたことが印象的でした。

605_birth11
「うちのパッケージの桐箱も全部角は削っている。
“なんかいいものをもらったな”という感覚を持ってもらいたい。」

こういった感覚、とっても大事ですね!
桐箱に“ちょっと一手間”。
包装紙に“ちょっと一手間”
こういった“一手間”があると、それだけお客様はやっぱり“気持ち”や“想い”を感じてもらえるんです。

Img0212-605x453
ちなみに、この桐箱パッケージが使われている商品の一つとして
徳島県から本藍染めの出産祝いセット」があります!
http://www.aeru-shop.jp/fs/aeru/c/honnaizome-birth

おお!
徳島県のものじゃないか!

よかったら、一度、ホームページを覗いてみてくださいね!

和える(あえる)
https://a-eru.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − four =

ページの上部へ